1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

右肘痛に強盗被害…災難続きのダルビッシュが来季への決意を語った

メジャーリーグのシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が右肘痛再発により今季絶望…。何かとツイてない2018年ですが、前向きにリハビリに取り組む決意をブログに綴っていました。

更新日: 2018年08月23日

4 お気に入り 6550 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

残念な結果に終わった2018シーズンですが、ダルビッシュ投手の来季は既にスタートしているようです。

nyokikeさん

▼右肘痛の再発により、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手の今季絶望が報じられた

#Cubs Yu Darvish hands off the ball after warming up for the second inning and then summoning a trainer, departing his rehab start in South Bend after one inning pitched pic.twitter.com/QESLjxcixh

米インディアナ州サウスベンドで傘下1Aサウスベンドの一員としてマイナー戦にリハビリ登板。1イニングで19球を投げ、1安打無失点だったが、2回の投球練習中に右肘痛の再発を訴え、緊急降板した。

6月25日の調整登板は、同じ症状を感じつつ5回まで続投し、悪化。「今回はやばい一線を越える前にやめた」。

カブスは21日(日本時間22日)、故障者リスト(DL)入りしているダルビッシュ有投手(32)について、右肘にストレスがかかっているため疲労骨折につながる可能性があり、6週間は投球を控えると発表した。

これを受けて、米「Yahoo!スポーツ」では特集記事を掲載。その中で「ダルビッシュの怪我がカブスを厳しい状況に追いやる」と指摘すると同時に、「長い目で見たら正しい選択だった」とも伝えた。

▼ダルビッシュ有がブログで現在の心境を告白した

6月の終わりにマイナー登板で5回を投げましたが、投球内容どころではなくとにかく痛みとの戦いでした。

周りも「仮病じゃないか?」「メンタルの問題では?」みたいな感じにもなっていてまた休むのが非常に精神的に辛かったです。

今回は日常生活も全く問題なく、張りも対して感じませんでしたが造影剤を入れて肘を検査したところ肘の骨のストレス反応(疲労骨折の手前?)と上腕三頭筋の肉離れでした。

骨だし、肉離れもあるからそりゃ痛いよなと納得できました。

にしても前回のマイナー登板後に無理言ってMRIを撮るか、DL直後のMRIで造影剤を入れてもらえばよかったと後悔しています。

ですが今年は投げられないのは変わりはないので前向きに来年に向けて計画立てていきます!

強くなって帰って来られるようにしっかりやっていきます!

▼大型FAの移籍1年目…焦る気持ちと裏腹に原因不明の痛みとの戦いとなった

6年1億2600万ドルという大型契約を交わした責任を感じていた上に、序盤8試合で1勝3敗、防御率4.95という成績がのしかかる。

ダルビッシュは右上腕三頭筋の腱炎で5月26日にDL入り。同29日のMRI検査では「(筋)組織に損傷なし」との診断だった。

「ずっと違和感みたいなのは残ってるし、家で体を起こす時にもこうやって腕を伸ばそうとすれば、何か変な感じがある。『なんやねん、これ?』って」

カブスのジョー・マドン監督は今季2度目の故障者リスト(DL)入りしているダルビッシュ有投手が右肘のインピンジメントと炎症との診断を受け、炎症を抑えるためにコルチゾン注射を受けたと発表した。

「インピンジメントとは英語で衝突や挟まるという意味です。関節を構成する骨と骨の間に、筋肉、軟骨、脂肪や靭帯などが繰り返し挟まれたり、骨同士が繰り返し衝突し炎症を生じることがあリます。野球選手の場合では肩や肘、サッカー選手では股関節や足首などに多くこの症状がみられます。

「どんな時も前を向くしかないですから。たまには下を向いたり、後ろを向いたりすることもあるけど、それも大事なことなので」

リハビリ中、弱音は正直に記者さんたちに話していました。 口調もほぼそのまま(関西弁)で書いてくださってるのが嬉しいです。 早く良くなるように頑張ります。 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018…

・往年の名選手であるA-ロッドから批判されたことも

「A-ロッド」こと、アレックス・ロドリゲス解説者(43)は、米スポーツ専門局ESPNで右肘炎症などにより離脱しているカブスのダルビッシュ有投手(31)を批判した。「カブスはダルビッシュ自身にリハビリの方法を決めさせている。これでは、あっという間にクラブハウスでリスペクトを失う」

さらに、チームに帯同しながらの調整についても「カブスファンならば、ダルビッシュがクラブハウス内で醸し出す良くない雰囲気に目を光らせなきゃいけない。(球団マイナー施設がある)アリゾナかどこかでリハビリしろよ。勝利というミッションを与えられたナインの邪魔をするな」とかみついた。

1 2