1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

■人望

「人望」とは、まわりの人から寄せられる信頼や期待、崇拝の念のことを意味する言葉です。

そのため、人望がある・信頼が厚い人は周囲から頼られる人でもあります。

人望が厚い人の周りにはいつでも人が集まり、楽しそうに会話をしているものです。

■特に仕事をする上では、人望があることは非常に重要です

特に、仕事をされている方の場合には、自身が信頼するに足る人物でなければ、ビジネスチャンスを逃してしまう事にもなりかねません。

□そこで今回は、人望がある人の特徴を紹介します

■人によって態度を変えない

相手が誰でも尊敬し立たせるような丁寧な接し方を心がけているのです。名誉や役職によって人の価値を上下させるような媚を売る接し方は絶対にしません。

人望が厚い人は上司の話もしっかり聞き意見交換を行い、部下の話もしっかり聞き意見交換を行います。

誰に対しても同じようなフラットな態度を取る、簡単なようでなかなか難しいですが、これが出来るからこそ人望が集まるのです。

■感謝や謝罪をしっかりできる

いくら思っていても、感謝や謝罪の気持ちは口に出さなければ伝わらないということを、人望のある人は理解しています。

ほんの些細な頼みごとでも、やってくれた人には「ありがとう」と言い、直接伝えられない場合はメールか電話をする。

これらをはっきりと伝えることで、誠実な人間だと見なされ、自然と周囲の人に慕われることが多いのです。

■謙虚であり、自慢をしない

成功を多く収めて一定の自信を得ても、それにおごらずに自分のスタイルや初心を忘れない姿勢は人々の尊敬と人望を集めます。

逆に威張ってばかり。きっと能力は高くてもそのような自分勝手な振る舞いをする人に人望はついてこないでしょう。

成功経験や周りの評判の声に踊らされず、常に自分のペースを乱さず、自分の行動を反省できる人こそ人望に厚い人物と言えるでしょう。

■約束を守る

約束を守るという行為は、別の表現をするならば、「大切に思っています」と相手あるいは自分自身に伝える行為と言えます。

予期せぬ事が生じて、万一遅れそうな場合、その時点で連絡をして事前承諾をいただくことも必要です。遅れてしまってはプロとして失格です。

こうした積み重ねで、「あの人になら任せられる」「あの人でダメならば他の誰がやってもダメだったろう」という気持ちを想起させられるのですね。

1 2