1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

立川談春も再登板!秋ドラマで期待される「お笑い芸人」

毎クール話題となる「お笑い芸人」のドラマ出演。2018年10月期秋ドラマにも多数出演。友近『中学聖日記』、中川家の礼二『黄昏流星群』、サンドウィッチマンの富澤たけし『大恋愛~僕を忘れる君と』、落語家・立川談春『下町ロケット』。シソンヌ(じろう&長谷川忍)『今日から俺は!!』。

更新日: 2018年11月10日

5 お気に入り 18185 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆近年珍しくなくなった「お笑い芸人」のドラマ出演

『ブラックペアン』(2018年4月期ドラマ)

加藤浩次(右)と内野聖陽(左)

「芸人はネタを演じるのが仕事なので、そもそも演技力がある人が多い。役者の世界でも笑わせることが最も難しいと言われる。笑わせるプロである芸人は、総合的な演技力が高い人が多い。」

お笑い評論家のラリー遠田のコメント

◆夏ドラマにも多数の芸人が出演 その存在感を見せている

『グッド・ドクター』

板尾創路

悪いオーラを醸し出し、常に何かしら悪巧みしてほくそ笑んでいる板尾創路演じる副院長。

『グッド・ドクター』

『riz』編集部メンバーの顔ぶれがいい。SNS担当の奥薗千絵梨(ブルゾンちえみ)ら個性的でぴったりハマっている。

『サバイバル・ウェディング』

末崎を演じるケンドーコバヤシは、勝ち上がるためなら何でもする末崎の姿をコミカルに演じ、心理戦で緊迫する場の空気を軽くする役割を担っている。

『ゼロ 一獲千金ゲーム』

◆秋ドラマにも「お笑い芸人」が続々キャスティング

▼『中学聖日記』(火曜夜10時、TBS)

有村演じる片田舎の中学校の教師・末永聖が、婚約者がいながらも10歳年下の中学生・晶に惹かれていく姿を描くヒューマンラブストーリー。

演出は『リバース』『アンナチュラル』や、有村の主演映画『コーヒーが冷めないうちに』で監督を務めた塚原あゆ子らが担当。脚本は、映画『羊と鋼の森』などの金子ありさが手掛ける。

・友近がヒロインの相談相手となる教員役

聖が教育実習を受けていた時の担当教員で、今ではよき理解者の千鶴役、友近さん。そんな友近さんと有村さんの女子トーク炸裂シーンも、見所。先日はそんな撮影の中、友近さんのお誕生日をお祝いしました!友近さん、おめでとうございます! #tbs #中学聖日記 #有村架純 #友近 #ハッピーバースデー pic.twitter.com/wuchHAGW9p

友近は聖のよき相談相手でもある小学校教師・丹羽千鶴役、マキタスポーツは晶の母が経営する会社の社員・上布茂役を担当。演技力に定評がある2人の活躍に期待しよう。

友近:愛媛県出身。NSC大阪校23期生。ピン芸人として数々の賞を受賞。NHK『連続テレビ小説「あさが来た」』、映画『花宵道中』『地獄でなぜ悪い』に出演するなど女優としての活動もめざましい。

▼『黄昏流星群』(木曜夜10時、フジテレビ)

佐々木蔵之介が、10月スタートのフジテレビ系ドラマ『黄昏流星群』(毎週木曜22:00~)で主演を務める。佐々木は、恋愛ドラマ初主演となる。

「島耕作」シリーズを手がける弘兼憲史氏(70)の同名漫画を連ドラ化。人生の黄昏に流星のような最後の輝きを模索する男女の切ない恋を描く。

主人公のエリート銀行員に佐々木蔵之介さん、献身的な妻に中山美穂さん、そして主人公が恋に落ちる運命の女性に黒木瞳さんと豪華メインキャストの三人の出演が決定。

・中川家・礼二が主人公に辛くあたる現場叩き上げ課長役

1 2 3