1. まとめトップ

お菊(ワノ国)の正体くいな説、男説を検証【ワンピースネタバレ考察】

真の名は菊之丞。お菊の正体が、ゾロの幼なじみ「くいな」だとか、男が娘っ子に変身した「男の娘」という噂があるので検証。

更新日: 2019年09月21日

1 お気に入り 66817 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お菊の正体くいな説とは?

くいなが男として生きていて、ワノ国のお菊として登場したという説がある。
要するに、くいなとお菊が同一人物という説。

身長は2m50cmくらいだろうか。
ゾロにはでかい女と言われる。
なお、背が高い理由は、魚人の血だと考察。

【侍と拙者】
お菊は自分を侍と称し、拙者と自分を呼ぶ。侍とは「貴人の側に仕える男」。また、「拙者」も男が使う一人称。ただ、拙者に関しては、別に好みで女が使っても問題ではない。現実の現代でも、女の子が自己アピールのために拙者と呼ぶ人はいる。

女の侍がいるかだが「別式女」という、武芸を追求する女は日本にいた。ただ、ワンピースでは、聞いたことない用語は使わなくても、同等となる女侍(おんなざむらい)がいるという話でいいのではなかろうか。

浦島に対し「女に手を上げる程度」とお菊は語る。つまり、自分は女だとも主張している。
サンジも女だと認識。一方では、赤ざや九人男に入る。
これは「元から女(男として育てられた女)」や「イワンコフの能力」で説明できる。

お菊がくいなかどうか……
支持するにしても、却下するにしても、説を把握しないと成立しない。
いきなり「お菊の正体くいな説」を掲げられても、実はついてゆけないので、3段階でアプローチし、その上で却下を宣言したい。
1.くいなとたしぎが別人であることを証明
2.くいながワノ国で再登場という話の信憑性を説明
3.お菊の正体がくいなとなれば不自然だと説明

くいながワノ国で登場説の発端は?

匿名掲示板で暴露された情報が発端となる。
ワノ国で出てくると噂されているゲスト・キャラクターの話となる。
書き込み者は「今後の展開を知った者」と名乗っていた。

●ゲスト・キャラは侍剣士
●年齢は22歳
●女性人気が出そうな男キャラ
●黒髪で雰囲気はナルトのサスケのような感じ
●カイドウの下にいるが実は革命軍のスパイ
●最初は敵で、途中から味方
●ゾロと1対1の剣勝負で良い勝負
●ゾロは、ある刀をそのキャラと交換する
●イワンコフのホルモン注射で女から男になった
●これまで死んだと思われていたキャラ(新キャラの可能性は無し)
●ゾロとは昔、会った事がある

以上が、2017年の匿名掲示板で登場。ビッグ・マム編の最中だった。

【当チャンネルの見解】
作者サイドのスタッフ(作者本人ではなく編集の関係者など)による書き込みだと結論。その論拠は。
●くいなに決まっているのに、くいなだと語らないのは不自然。掲示板の閲覧者(ワンピースの読者)に考えさせようとする魂胆が見える。
●イタズラとかなら「くいなが男として出る」程度でいいのに、詳し過ぎる。
●今後の展開を知った者が「勝手に」書き込むことは許されない。しかし、作者や編集者による依頼ならば、話は全く別。
●ビッグ・マム編が進まずイライラしている読者も居たので、次の舞台となるワノ国編の話を早くも実施し、ワンピースを盛り上げるために、スタッフが仕事をした。

つまり、くいなの話は本当に起こる展開だと(2017年当時は)判断。
もちろん、「くいながワノ国で登場」自体が成立しない場合、当然「お菊の正体は くいな」も成立しない。

ゲスト・キャラとお菊とを比較すると、お菊は22歳ではなく、もう少し年上。お菊がいくら刀剣使いでも、覇気で驚くし、ゾロと互角だとは思えない。カイドウの下にいるとは思えない。女性読者が好みそうな、サスケ風の男からは遠い。容姿だけなら、男の読者が好みそう。お菊は敵として登場していないし、そもそものくいな再登場説の発端には、ほとんど沿っていない。

くいなが長身なのではなく、ゾロは座っている。
推定年齢はゾロの1つ上で、22歳。

たしぎは子供の頃にメガネなので、くいなとは別人だと作者は表現している。修行はそっちのけで、コレクションの方に興味が大きい。

当チャンネルでは素性を特定していて、父はコウシロウで、母はイワンコフ!

たしぎ10/6生、くいな9/17生
同一人物説は、完膚なきまでに終了。
なお、この誕生日差ならば、双子は成立。

カマバッカの女王。
女が正体で、くいな、たしぎ姉妹の母親だと考察。コウシロウの妻となる。くいなが革命軍に入る道理は充分に満たす。

ローマ字のIWANKOFU → KUINAをすべて含む。
くいなの青い髪は、イワンコフ由来。

CP9のフクロウ(口がチャックの顔デカ男:31歳)、Mr.2ベンサム、ジャンゴ(29歳)も、コウシロウとイワンコフの息子だと考察。くいな、たしぎの兄達となる。

くいなもたしぎも小鳥の名前。フクロウを知らない人は居まい。コウシロウは鴻白で、オオハクチョウのこと。コウシロウの母が海軍のつるで、つるの子孫が皆、鳥の名になる。

イゾウはれっきとした男。女形(劇で女性役も男が演じる)の属性。
素性だが、藤虎イッショウとボニーの息子だと考察。ボニーの顔と、藤虎の名前とでイゾウになっている。

女の姿をした男は確かにワンピースにいるが、イゾウは言葉や素振りも男だ。お菊の正体が男だとしたら不気味。カマバッカの男たちは、明らかに男だと分かるから許される。

お菊が くいなではないにしても、男という説は消えていないので、次はそれを潰す。

お菊は時を超える前の時代で光月家に仕えるようになってから、月日が経っていないと言える。

ちなみに、イゾウみたいなキャラの正体はギオンで、康イエ(時を超える前はスキヤキ)の妻。イゾウの祖母に位置。

モモの助の周辺キャラ

●女の肌を知っている
●ロジャーと会った記憶
●ミンク族のイヌネコの仲がいい時期を知る
●おでん城が栄えていた時期を知る
●髪型は元服(成人)済み
●モモの助が登場する前、扉絵の桃龍は大人の龍
●おでん城は20数年前からある。おでんはロジャーの船にも乗っているし、45歳以上が確定的。その息子が8歳では、幼すぎる。おでんを若く見積もった45歳でも、26歳の息子が可能。
●モモの助たちの墓は、20年は経っているように見える。

ビッグ・マムの息子で双子の45歳(45.9歳)

クラッカーとデンは口や歯がそっくり。
ビスケット兵の唇とアゴひげはデンと近い。瞳や鼻は一致。

当初のクラッカー(ビスケット兵)とデンの見た目が近かったので、バレることを気にした作者は、不自然にも若い顔のクラッカーを正体という展開にした。10男クラッカーがオッサン世代という思考も回避したかったのだろう。むしろ、その行動こそが、「何かを隠したい作者」を浮き彫りにした。

クラッカーがオッサンだと、鋭い考察の余地を許してしまう。例えば、ビッグ・マムの娘にニコ・オルビアが入るとか。当チャンネルは、まずそれが思い浮かんだ。

当チャンネルは、クラッカーが10男で正体を現した時点で、おでんをすぐに11男~15男だと思うこととなった。その当時、ネットの考察では、クラッカーの年齢は30歳代後半だとか、デタラメばかり。当チャンネルは、当時からクラッカーは40歳代中盤だと断言していた。その後、12男がヌストルテ、15男がノアゼットだと確定。(当チャンネルでは、ヌストルテの父はトム、ノアゼットの父はシキだと特定)

デンには62歳だと後出し発表があったが、ソラに寿命を提供することでその年齢に。デンの妹ボニーが実施。

モモの助が約27歳の根拠は、デン(推定年齢45.9歳・クラッカーと双子)の息子だから。

デンは生きているわけだが、光月家の生まれならば、流石に家は捨てられない。しかし、婿養子ならば、事情によってはモモの助に任せて魚人島で隠居してもおかしくない。政略結婚の婿養子なんて、所詮は種付けの立場なのだし。

ちなみに、ミンク族のペドロ(32歳)とワンダがイヌネコの仲のいい時期を知らない理由は、単にイヌネコがゾウにいなかったから。ロジャー達やモモの助達と旅していたわけだし。その後におでんに失踪し(死んだと思い込み)、仲の悪い状態でイヌネコがゾウに戻るので、ペドロ、ワンダはイヌネコは仲が悪いと判断。

名前と紋章が一致。
鶴はモモの助の母(トキ)、玉は妹(日和)だと考察。

お菊は子供の頃からワノ国にいたろうから、くいなとは噛み合わない。お菊はゾロと会っても平然としている。

コウシロウの血を引くならば、鳥の名前である必要がある。もしくは、イワンコフ由来のサンゴの名前。

一方、菊が刀剣使いとなれば、刀の菊一文字が思い浮かぶ。対になる刀は虎徹で、天狗山 飛徹とお菊が血縁者だと考察できる。ただ、当チャンネルでは、花の名前から、女ヶ島のシャクヤクと夫レイリーとの娘だと結論。

モモの助と同等の服に、ツギハギの部分は、お鶴やお菊の帯の柄。

モモの助の服……桃の花びら
お鶴の帯……水玉
お菊の帯……ストライプ(色が交互)
つまり、3人はお玉の縁者だという表現だ。

モモの助は極限の空腹で、食ってはいけないもの(人造悪魔の実)を食った。お玉も極限の空腹で工場の排水を飲んでしまった。

一方、玉うさぎという桃の種類がある。
海軍・桃兎ギオンはスキヤキの妻(高齢者)だと考察。

お菊のモデルはワンピース内の菊姫。隣には男もいる。
菊姫が女なのに、お菊が男というのはおかしい。

胸が小さいと語る人もいるが、女侍ならサラシを巻いて、揺れないようにするのは当然。

男の場合にモモの助と関係を作るには、兄弟が想定できる。しかし、そんな男がいるならば、光月の当主はモモの助でなくていい。また、お玉の母親がいなくなる。

結論はくいなでもないし、男でもない。
「くいなと同一人物で男説は」は「ワノ国で、くいなが出る」という説の詳細を知らずに、お菊と結びつけたことによる迷走。くいながイワンコフの娘という真相なんて、全く及びもつかない思考での考察。

【侍と拙者について再考察】
他サイトの考察でも「錦えもんの妻」、「お玉の姉」など、ハズレながらも「既出キャラの近親や配偶者」という連想で考察が進んでいる。しかし、実は男だとなれば、「錦えもんの妻」、「お玉の姉」という説は崩れてしまう。つまり、だからこそ、「お菊は男?」という誤誘導を作者が設定する必要があった。

浦島は本気でお菊に惚れ、嫁にしたいと思う。もちろん、ギャグとして、実は男で浦島やサンジ玉砕という物語も想定できるが無いだろう。

「くいなが男として登場するワノ国で、他にも女に化けた男がいる」というのは不自然になる。浦島に対し「女に手を上げる程度」と語るのに、男が化けているというのは、お菊が卑怯だ(卑怯だとは思えないので、本当に女)。

お菊は身体も心の底も女だが、光月家を取り戻すまでは男として生きると決め、拙者や侍を名乗ったと考察。別に他者から「キミは侍だ」と呼ばれたわけではない。名乗るだけなら、「ギャングスター ガスティーノ(正体はシーザー)」とか「(正体はアラバスタのイガラムな)ウイスキーピーク町長イガラッポイ」とかなんでもあり。

実は「イワンコフの能力で、女になった男」というキャラクターは今までに居ないので、女になりたかった元男が登場してもいい。くいなは父に「女では世界一になれない」と言われているので、変な解釈だと女性差別だ。しかし、ここで「男では男性の妻になれない」という元男も存在すれば、女性であることも素晴らしさも表現できることになる。

【お菊が刀剣使いである理由】
端的にいうと、剣士レイリーの娘だから。ゾロはレイリーの孫に当たり、お菊とゾロは近親。ゾロの叔母なのだから侍が居てもいい。なお、レイリーとビッグ・マムの娘が鬼夫人アマンドで、アマンドと鬼人のギンの息子がゾロ。

【今後の展開を知った者について】
くいな再登場説に関し、当チャンネルが「本当に今後の展開を知った人」だと(2017年当時は)判断した根拠を語る。くいなが性転換して再登場だなんて、今までに聞いたことがない説なのに、かなり納得できた。何一つ矛盾がないからだ。ネットの考察には外れている説ばかりの中、このようなスマートな説の存在自体が信じられなかった。しかも、匿名掲示板という、価値の低い場所で登場(本人に承認欲求が低い)。言い換えると、スタッフじゃないと出せないという結論となった。スタッフだと仮定すると……
●今後の展開を知ることは妥当。
●ゲスト・キャラクターという、読者間ではあまり使われない言葉を使用
●くいなに決まっていても、くいなだと具体的に語らないことは妥当。掲示板の閲覧者(ワンピースの読者)に考えさせようとする魂胆が見える。
●イワンコフの娘がくいなだと、スタッフなら知っているにもかかわらず、ワンピースのキモとなる部分なので語らない。
●くいなの生死や今後よりも、くいなの母親の方が容易に考察できるのに、「性転換してワノ国で登場」と断言するだなんて頭が良過ぎる。くいなに関してのみ、そんな頭のいい人の存在は当チャンネルは信じられないので、スタッフしかいない。

お玉に傘作りを教えたのは、この老婆?

ワンピースでは、名乗っただけのキャラが実に多い。
言い換えると、実在しない。

イガラッポイ(イガラムが名乗った)
ガスティーノ(シーザー・クラウンが名乗った)
ナゾムズ(ペコムズが名乗った)
ソルベ王国 王太后コニー(ボニーが名乗った:考察)
ウソランド(ウソップが名乗った)
コロシアム出場者(ルーシー、リッキー他)
ワノ国での麦わらの一味、おリン


お菊に関しては女侍だろうが、自称は必ずしも事実とは限らない。

【まとめ】
仮にくいなが登場するにしても、お菊とは別人。そして、既にお菊という女侍のゲスト・キャラクターが登場した以上、くいなが出ることすら危うくなった。掲示板に書き込んだのはスタッフにしても、その当時のワンピースの展開の案の1つ。既に当時、ボツになったからこそネットに流した可能性も。要するに、作者が作ったボツなので、物語とは整合しており、ワンピースの今後の展開を期待させることには活用できた。しかし、実際にはそんなシーンはなくワノ国編が完結することも。

男かどうかについては、「男の姿をしている女」で解決。女好きの錦えもんが嫌がったり、サンジは最初はウハウハに。

追記……お菊が20年前から時を超えたことが判明し、くいな説は完膚なきまでに終了。更には、くいな=緑牛が強まった。菊之丞という名前により、男から女になったのではなく、女なのに男として育てられたが新たな結論。素性としては、シャクヤクの娘だと考察。花繋がりだし、キクとシクが韻を踏む。年齢は18~21歳くらいだと推察。42年前に(レイリーとの結婚によって)海賊を辞めたシャクヤクの子となれば、38年前から41年前辺りに生まれた計算。

【こち亀のマリア】
女に見える男なので、菊の正体も男だという主張がある。
しかし、コミックでは神様に本物の女にしてもらった。(アニメ派の人は知らない場合多)
こち亀を話題に加えるならば、「本物の女になった」まで語るべき。

お菊はオロチやホーキンスと兄弟

1 2