これは絶対に言うなよ…?嫁がキレる「NGワード」

「なんか知らないけど嫁が突然キレたんだよねー」って外で愚痴ってるダンナ様方。嫁がキレる原因はちゃんとあるんです。何気なく使っているその言葉、禁句じゃありませんか?

更新日: 2018年09月04日

186 お気に入り 216799 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

なぜわざわざその言い方を選んだ

「カレーってむしろ普段の料理の中でむしろ面倒くさいほうに入るからな。根菜を扱ってる時点で。」

簡単でいいよ、って意だとしても的ハズレなんだよーーー!

パパも休日にお昼ご飯のリクエストがあるなら、言い方に気をつけてくれたらいいのに

ちょっとした言い方だって気づいてw

泣きながら玉ねぎを切ってカレーを作る大変さをわかってる義理母は、「今日カレー作ってくれるのね(わあ〜助かる!)というニュアンスでお話ししてくれるので、ありがたく泣きながらカレーをつくるわたくし。 カレーでいいよ、とかのたまう男性たちに聞かせたい所存。

優しさの方向も間違っている

「正直「なんでもいいよ」と思っていたとしても、どうにか隠して、一緒に考えている“フリ”を、してくれないだろうか。」

「なんでも良いはやめて。考えてくれたら嬉しいの!とりあえずなんか言って!」と、私の希望を伝えました。

一緒に悩んで、考えてくれればいいだけなんだよおおおおお

育児って2人でするものなのに…

「育児」なんて親である以上は、夫に「手伝ってもらう」ことではないし、ましてや「参加」してもらうことでもない。

お茶碗洗ってると、こそっと寄ってきて『やろうか?』って聞いてくる旦那。いいよって言うと『ありがとう』って言って戻っていく。いや、そういうことじゃない。探せば他にやることなんてたくさんあるのになんで自分で見つけられない?すでに始めてることを手伝おうか?って言われてもね。

もうコレはアウト

外出先から帰ってきてクタクタ。だけどもう夕飯の時間。自分がせっせと夕食を作っている時に夫はテレビを見ながらゴロゴロ。

この土日は家事育児ストライキを実行します! ほんま旦那、しんどくなればいい!ありがたみを感じろ! と、怒りに震える考えと、 でも息子があんまりつらい思いして欲しくない、、、 というためらい。

ただただ大変だってことをわかって欲しいだけなんです…!

1