1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

■現在の日本では、転職をする人も増えてきました

「終身雇用が当たりまえ」という時代は終わり、キャリアアップなどを目的にした転職を多くの人がするようになりました。

しかし中には、そうした目的意識を持たず、安易に転職を繰り返す人もいます。

■では、そういった人はどういう特徴があるのでしょうか?

今度こそ、と思って転職したのにまた嫌気がさしてしまった場合など、落ち込みますよね。

根性がない、忍耐力が足りないと思われてしまいがちですが、仕事が続かない人には共通した性格があると言われています。

■コミュニケーション能力が低い

仕事するうえでコミュニケーションは必要不可欠なもので仕事や人間関係を円滑にすることができます。

仕事をすぐやめてしまう人は、人間関係が苦手な人が多いです。元々内気な性格だったり、人の気持ちが理解できなかったり・・。自分の気持ちを伝えるのが下手な人も多いです。

コミュニケーションをとるのが苦手だったり、人と親しくすることが上手にできない性格の人は、どんな職場でも「居心地の悪さ」を感じてしまい、すぐに仕事を辞めることになります。

■理想が高すぎる

仕事が続かない人に共通する特徴として多くあげられるのが、理想と現実のギャップに気持ちがついていかなかったケースです。

理想が高すぎたり、自分の理想とする働き方が決まっていないのに「なんか違うな」と諦めてしまったりする人も、仕事が長続きしないことが多いです。

■変化を好む

生まれ持った性格が冒険好きの人がいますが、このタイプの人は新しいものや環境に惹かれるので、一つの仕事が長く続かない傾向にあります。

何か不満があるわけでもなく、人間関係も順調なのに、同じ職場でずっと働いていると「辞めたい」「新しいところに行きたい」という衝動に駆られるんです。

■プライドが高い

就職して仕事をすると教育係が高卒の年下だったり、理不尽でも注意されたりと、どうしても我慢ができないことが多くあります。

自慢話をしたりなど、極端な自己アピールに走ってしまいます。そうしないと、自分を支えることができません。

プライドが高いとそれだけで仕事に行くのが嫌になり、自分に居場所がないと考えてしまうようです。

■我慢ができない

1 2