1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

aries405さん

はじめに。

最近、学習障害についてTVで見ることが多くなり。
いちばん新しいのだと、8/28放送の「健康で文化的な最低限度の生活」で、池田鉄洋さんが学習障害の役を演じていました。

耳にすることが多くなった障害なので、思い立ってまとめ記事にすることにしました。

"学習障害"とは?

発達障害のひとつです。
知能的には発達の遅れはないものの、読み・書き・計算の分野で極端に苦手で、生活に支障が出てしまう障害です。


主に、以下の3つに分類されます。

①読字障害(ディスレクシア)
<読むことが極端に苦手な障害>
・文章を読みながら、文章の意味を考えるのが苦手
・読み書きに時間がかかってしまう
・勝手読みや、飛ばし読みが多い

などなど…

②書字表現障害(ディスグラフィア)
<書くことが極端に苦手な障害>
・誤字脱字が多い
・文字の大きさが均一ではなく、罫線などにそって書くのが苦手

などなど…

③算数障害(ディスカリキュリア)
<数字・数式の扱い方や、単純計算が苦手な障害>
・基本的な数字や計算式を、認識するのが苦手
・数字を揃えて書くことが苦手な傾向あり

などなど…


…となっています。

治療・対処法

先天的な障害のため、根本的に治すことはできないですが、障害に応じて対策や周りの人への協力は必要となってきます。


決して、知能そのものが低いわけではありません。
もしかしたら「面倒くさいなぁ…」と思ってしまうかもしれませんが、工夫をすれば円滑に仕事や学業を進めることができるので。

…とかいいつつ、協力といっても、無理のない範囲で大丈夫だと思います。
「協力しなきゃいけない」と、強く思いすぎて頑張りすぎると、自分がしんどくなってしまうので。
付かず離れず、無理のない範囲の協力で、大丈夫だと思います。

最後に。

障害のことを、無理に「理解しろ」とは言いません。
自分でも、あまりに理解できなさすぎることは、理解できないんで。

ただ、何度も言いますが、学習障害は知能そのものが低いわけではありません。

「へぇ〜、そういう障害もあるんだ〜」

と、思っていただけたら…って思っています。

参考・参照したサイト

1