1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

住宅ローンにおける資金計画を行う上で覚えておきたい用語についてまとめています。

家を建てるまでの流れを確認しよう

住宅ローンについて

住宅ローンというのは、住宅を購入するときに利用する「ローン」の一つです。「ローン」というのは借金のことですが、都内であれば3000万円~5000万円の価格になるのが一般的ですから、平均年収400万円前後のサラリーマンが自己資金で帰るのを待っていたら、50歳~60歳になってしまいます。

一般的に家を建てるには大きな資金が必要です。
その際にほとんどの人が住宅ローンを組むと思います。
住宅ローンを意識して理解するようにしましょう。

印紙税について

収入印紙は、印紙税という税金で、租税や行政に対する手数料の支払いに利用される証票です。国が租税や手数料を徴収するために用いられるのが収入印紙です。

印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた課税文書と呼ばれるものです。

収入印紙は、郵便局や法務局(登記所)の他に「収入印紙売りさばき所」の指定を受けた店(郵便マーク「〒」の縦棒の左側に「切手 はがき」、右側に「収入印紙」と書かれた看板を掲示)で購入することができます。

収入印紙や税金に関しては必ず覚えておきたいところですね。
事業主になるのであれば税金関係もないがしろにしてはいけません。

頭金の仕組みとは

マイホーム購入時に支払う頭金とは、物件価格を支払う時に「住宅ローンを利用せずに自己資金で支払う部分」のことです。

頭金を支払うと、その分だけ住宅ローンの返済額が減ります。頭金を貯めておけば、マイホームに住んでからの毎月の住宅ローン返済額が減り、少ない利息で済むのです。

つまり頭金とは、住宅ローンの借入額を減らすためのお金とも言えるのです。

なるべく頭金を多く支払うことによって後々の利息が少なくなります。

住宅やマンションを購入するのであればローン会社を使ったほうが良い

東京で新築一戸建てを探している方向けのマイホーム計画と住宅ローンについてまとめています。

名古屋でおすすめの不動産担保ローン会社をランキング形式で紹介しています。

借入金利とは

借入金利とは、「借りた金額に対して必要になる手数料の割合」のことです。

この借入金利は商品や業種によって大きく異なり、数値が高くなればなるほど、負担しなければならない利息の金額も大きくなるということです。

借入金は必ず知っておくべき最重要項目。
資金計画を円滑に行うためには貸す側の視点も大切です。
借りすぎには注意しましょう。

元金均等返済について

「元利均等返済」という名前の通りで、元金(借入がをした金額)と利息(借入した金額に対して発生する利息)を均等に返済するという意味の返済方法になります。

リボ払いに近いイメージでしょうか。
金利が一定なので払いやすいともいえます。

元金均等返済のメリット

1 2