治験参加の期間中は、治験のために必要な薬代や検査・再診料などの費用は製薬会社が負担します。そのため、通常の診察と比べて費用が増えることはありません。
また、治験期間中は、通院費の負担を軽減するため、一定額の費用の補助があります。

出典さいたま赤十字病院|治験のメリット・デメリット

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

治験はバイト!?治験ボランティアが気になりすぎる…

最近話題になっている「治験」。新薬を開発するために必要なものだという認識はありましたが、詳しいことが分からなかったので色々と調べてみました。なんでも参加するとお金が貰える治験もあるそうです…

このまとめを見る