1. まとめトップ

仕事で「うつ」にならない為のヒント☆仕事量と職場での人間関係のストレスが圧倒的原因

職場にいい人ばかりだといいが、合わない人や苦手な人がいると毎日長い時間を共有しなければならない。職場での人間関係のストレスは我慢して蓄積されると気づかないうちに、うつ状態になってしまうこともあるのでなんとかしたい。

更新日: 2018年10月18日

7 お気に入り 4249 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1日の中で、起きている時間の大半を職場で過ごす事になる。仕事場で快適に過ごすのは難しいとしても、毎日の事なので人間関係に悩まされたり、業務量に押しつぶされそうになってストレスを抱え続ける状態は避けたいし、我慢し続けるとうつ状態になってしまうので気をつけたい。

Music000さん

超絶激務な仕事ランキング

1位:小児科医・産婦人科医などの医者
2位:営業職(商社)・先物取引営業(飛び込み)
3位:営業職(生命保険) コンサルタント
4位:テレビ局AD・新聞記者
5位:飲食店店長
6位:システムエンジニア
7位:介護・看護師
8位:長距離トラック・高速バス運転手
9位:MR・雑誌編集者
10位:アパレル・パチンコ

仕事を辞めたくてうつ病になる前にとるべき行動

・まずは相談
・病院で診断
・休職手続きをする
・転職活動を始める
・退職の準備をする

鬱病は、ストレスによって「脳の機能障害」が起きている状態

「鬱病」は広く知れ渡った言葉だが、実際にはどのような病気かご存知だろうか?

 鬱病は、「ストレスによる脳の機能障害」が起きている状態を指している病名だ。

 「自分は鬱病ではないはず」「もう少し仕事を我慢してから」と無理をするのはNG。鬱病になる前に、自分の精神状態を気にかけてあげることが大切なのだ。

▼仕事でうつ状態になりそうな時の対策

2:6:2の法則を知ると、人間関係が楽になる

2:6:2の法則は、自然の摂理。
それを受け入れることで、
人間関係を、気楽に考えることができます。
「イヤな人」・「嫌いな人」を、
「反対側の人」に変えられるからです。
●もしも、
あなたと意見が合わない人がいても、
気にすることはありません。

「歩くだけ」でもうつ病対策になる理由

うつ状態になる原因は人それぞれであり、中には「幸せな気分にさせるセロトニンが出にくい」といった体質的な要因を抱えているケースもあるという。

ビタミンBや鉄分をとる

セロトニンなど脳内物質の原料として重要なビタミンBや鉄分を摂る、栄養面のアプローチで治す人もいる

自分の人間関係に対する考えを変えて、うつの対策

それでも職場の人間関係が改善しなければ、「受け流し」ましょう。どうしても好きになれない「イヤな奴」はどこの会社にもいます。「完全に関係を断ち切りたいけど、業務上そうはいかない」というケースは少なくありません。そんな人とは、人間関係を諦めましょう。

▼うつ病になってしまったら

陰口、ねたみ、反感、敵意がすべて私に向けられているように感じた。

被害妄想もどんどん大きくなっていった。
人間不信も強くなった。
ひどい時は幻聴のようなものも聞こえていたかもしれない。
普通に悪口が聞こえてこない状況(会議)で、ひそひそ私のことを悪くいっている声が聞こえたことがある。
思い詰めると、人間はそこまでいってしまう。

うつ病の診断書は簡単に発行してもらえます

1 2