日本も原因に?あまりに酷い「太平洋ゴミベルト」の闇

美しい太平洋の真ん中に「ゴミの島」が存在することをご存知でしょうか。「太平洋ゴミベルト(GPGP)」という名で知られるその島の面積は、なんと日本列島の4倍。残念なことに日本からもゴミが流れており、一刻も早い対策が求められています。

更新日: 2018年09月02日

38 お気に入り 130250 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

美しい太平洋に浮かぶ、ゴミの島

These plastic-eating machines will filter our junk from the ocean bit.ly/2qcvyoW pic.twitter.com/gLPGF6s8Fs

海中から見ると、こんな感じ。

【太平洋ゴミベルトとは・・・】
ハワイとカリフォルニアの間の広い海域に、海流で運ばれたごみが大量に集まった場所

Here's how one group is looking to clean up the Great Pacific Garbage Patch nbcnews.to/2KiPyQs via @NBCNewsMACH pic.twitter.com/Nh1qYX3rJE

地図上の紫色の海域に「ゴミベルト」は存在。

「船のデッキから海を眺めていたところ、一面にペットボトル、キャップ、ラップなどプラスチックのごみが広がっているのが見えた。この信じられない光景は、一週間いつ見ても変わることはなかった」

その面積は、何と日本の国土の4倍

To mark #WorldOceansDay read about this French man's plan to swim through the Great Pacific garbage patch bit.ly/2Jo6bJI pic.twitter.com/MVdJvNAp6k

そして、ゴミの大半を「プラスチック」製品が占める。

調査によると、太平洋ゴミベルトは急速に拡大、より多くのプラスチックごみが集まってきている

研究論文は「GPGPの海中および海底のプラスチック汚染レベルは不明」であるとしており、この世界最大量のプラスチックごみ問題の本当の規模はまだ何も分かっていない

GPGPとは、太平洋ゴミベルト(Great Pacific Garbage Patch)の略。

How ocean racers are helping solve the Great Pacific Garbage Patch problem STORY: bit.ly/2MiwrGv pic.twitter.com/3GmkVGTa2s

ナイロンやポリエチレンなどのプラスチック素材で作られた漁網が。

"Contrairement aux #plastiques qu’on trouve aux embouchures des rivières ou sur les plages, le Great Pacific Garbage Patch contient une immense majorité de #microplastiques" @MLPedrotti - En savoir plus : lemonde.fr/planete/articl… #PlastiquePacifique #TaraPacific pic.twitter.com/nvYsPExKra

非常に小さなプラスチック片(マイクロプラスチック)まで、ゴミは多種多様。

調査チームに大きな衝撃を与えたのは、米ハワイからカリフォルニアの間の海域にここ数年で蓄積されたプラスチックごみの量だった。それはプラスチック片で約1兆8000億個

残念ながら日本のゴミも確認されてる

Great Pacific Garbage Patch → •Located between Hawaii & California •Carrying 1.8 Trillion pieces of plastic •Weighs 87,000 tons •Spread over 600,000+ sq miles of water •Twice the size of Texas •Largest cluster of ocean trash on Earth pic.twitter.com/0irjEVCJza

日本から流れ出たゴミが海流によって運ばれていて…

Today, Ben Lecomte begins his 8,000km swim across the Great Pacific Garbage Patch. Read more: ab.co/2JkEm4T pic.twitter.com/lMHdH2zfeo

直接ゴミをポイ捨てしなくても、私たちは多くのプラスチックを間接的に海に捨ててる。

マイクロビーズは、成分にもよるが汚れを落とすためのスクラブ剤などがそれに当たり、洗顔料や歯磨き粉、化粧品などに含まれている

その影響はすでに日本にも?

海鳥を使って行った実験では、有害な化学物質を含んだマイクロプラスチックを海鳥が摂取すると、脂肪や肝臓に化学物質が移動し、溜まっていく

人間が出した有害物質が、もう一度人間に。

乳がんを始めとするがんの発生率との関連や、男性で言えば精子の数が減少する、生殖機能が低下するといった男性不妊との関連を示唆する報告も

そこで、世界はプラスチックを廃止へ

1 2