1. まとめトップ

不登校最大の原因!学校恐怖症…親の対応が重要! 登校拒否からの脱出方法

不登校の原因には学校恐怖症という対人恐怖症があった!?子供が不登校に陥ったときに、親はどう対応したらいいのでしょうか。非常にデリケートな問題になるため、このまとめを作りました。

更新日: 2018年09月12日

4 お気に入り 39823 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

私は一時的に不登校、学校恐怖症になったことがあります。友人も不登校になり、親子関係に亀裂が入ったことも知っています。親が子供の不登校になった時、学校恐怖症を患った時、どう対応するのが正解なのでしょうか? まとめています

子供の不登校の本当の原因は何でしょうか?

学校に行く、行かないのレベルを超えた原因があったとしたら?

それは学校恐怖症かもしれません。

学校恐怖症は対人恐怖症、広場恐怖症、外出恐怖症、過敏性腸症候群、自律神経失調症など複合的な症状から成り立っています。

学校恐怖症とは? 子供の不登校は学校恐怖症が原因?

ここ一年くらいで#登校しぶり というワードをよく耳にするようになった。不登校に至るプロセスの中の初期段階を指す言葉だろう。定着した様子。この頃は#不登校 という言い方が定着して、登校拒否という言い方が後退していったみたい。調べてみると、#学校恐怖症 という言い方もあったみたい。

子供が不登校になるには、様々な原因が考えられますが、その原因の一つとなるのが、『学校恐怖症』です。

一般的な不登校と違い、神経症である対人恐怖症の1つと考えられ、『学校に行かない』という一般的な不登校とは異なり、学校に対して異常なまでの強い恐怖感や不安感、多汗、動悸、体や手足などの振るえなどを感じ、『学校に行けない』状態に陥ります。

対人恐怖症から来る学校恐怖症による不登校のケースも多いのです。
精神的な緊張感や不安感はもちろん、身体的にも疾患が出たら、それは学校恐怖症かもしれません。

学校にどうしても行けない子どもたちの心の声

現場の生の声を聞いてください。

あともうそろそろで学校行かなきゃいけないんだと思うと、恐怖感や吐き気がしてくる。今は学校が生徒を食む魔物のようにすら思える。でも母親といるのも疲れてきたしな...どうせ最終日癇癪起こすしな...と思うと、この世に最適な居場所なんてなかったなという結論が

学校に行きたくない、辛い気持ちよくわかる。小中時、いじめも然り、自分の居場所が無いとわかっている所へ『行きなさい』と追い詰められる恐怖。【学校】は【監獄】だった。 【学校】の在り方、変わるべきだと思う。 行かなきゃダメ?そんな事無い。 みんな逃げて。 #8月31日の夜に

朝になると 学校に行かなくちゃいけない恐怖で 動けなくなる。震える。

明日から学校って事に恐怖しか感じない 夏休み明けは学生の自殺が多いって毎年聞くけど今年初めてそれが他人事ではなく感じたし、、、 行きたくないなら行かなきゃいいって言うけど単位がアレやし結局無理するオチなんだよなぁ、、、

高校では消えていたはずの学校への恐怖心が今日、また再来して行けなかった…。 今回は同級生だけじゃなく先生にも恐怖を感じたから重症…かな? はぁ…また中学までの自分が戻ってきた…強い自分を演じるのに疲れたかな…?

学校恐怖症で不登校に陥った体験談

ここ1ヶ月くらいから学校に行くのがつらくて怖いです

理由は周りの人がどう見ているか分からない
学校でよく失敗するのでそれが怖い
胸がドキドキして苦しくなる
なんでもないところで緊張する
気持ちが落ち着かない
吐き気がする
などです。

学校に行こうと思うんですけどやはり怖いです。
自分は最近めまいがして学校を休んでいました。

なので親も行かせようとして結構きつい事言ってきます
「もう休んだら許されんぞ」
「学校のみんなもおかしくおもっとるわ」 etc・・・
こういわれるとぼくは行こうと思うのですがよけい学校への恐怖感が高まっていき、今でも
かなりドキドキしていて苦しいです。

学校に行けない症状と、親からの対応との板挟みで、不登校の子供たちは苦しんでいます。

親から見た子供の不登校、そして学校恐怖症の例

今度は親から見た、子供の不登校、学校恐怖症の体験談です。

学校での失敗体験が重なったみたいで、「また同じ失敗をしたら どうしよう」って 不安になって学校に行くのがこわくなったようです。
「明日は学校へ行く。」って言っても 朝になると 怖くて 校門が くぐれない。
そのうち 朝 起きられない。体が動かないという感じになりました。

学校での不特定多数の人が苦手。
視線が怖くて 教室に入れない。
初対面の人と話すのが 緊張する。
目上の人と 上手くしゃべれない。
先生や医者が苦手。
テストや面談に異常に緊張する。(保健室でしか受験できなかったり、緊張がひどいと いけなかったりする。)
仲がよいわけではない人と雑談するのが苦手なので 学校に始業ぎりぎりしか行けない。
他人の目や評価を異常に気にする。かなり自意識過剰なくらいです。

苦手なことを回避するので、社会生活に支障をきたしています。

子供が学校恐怖症になった原因とは

登校拒否、学校恐怖症の原因とは?

多くの場合、それは過去の体験にあります。

一番多いケースが人間関係の悩みが元になるケースです。

イジメ、嫌がらせ
心ない一言(能力、容姿、家庭環境などについて)
仲間ハズレ
無視
などの友達とのいざこざが元になる他、先生との関係性が原因になることもあります。

先生からの叱責
えこひいき
心ない一言
など、特にみんなの前で上記の対応をされてしまい、それがトラウマとなってしまうこともあるのです。

人間関係の他にも、

発表で失敗した
そそうをした
吐いた
おかしな発言をした
など、みんなの前で恥をかいた経験も原因に。

このようなショック体験の後に友達からからかわれたりすると、余計にショックが大きくなることもあります。

そしてこれらの体験が恐怖症に結びついたり、過敏性腸症候群などの体調不良につながったりして身体的にも登校を拒否してしまうことも少なくありません。

様々な学校やクラスでのつらい経験によって、子供は学校恐怖症になっていきます。しかし、誰にも相談できない他、一人でますますこじらせ、不登校につながっていくのです。

学校恐怖症の三段階

学校恐怖症はどのような過程を経て悪化していくのでしょうか?

心気的時期
登校時刻に、身体的不調を訴える。
頭痛や腹痛、脚痛、吐き気、気分の悪さ、朝寝坊、寝ぼけ、疲れ、倦怠感など。
午前中は症状が重く、午後は軽くなり、夕方になると静かに収まってくる。
夜になると学校へ行く態度を示すことが多いが、もっぱら朝に不調を示す。
主に友人関係、いじめ、体罰、コンプレックス、学業上の不安、ならびにアカハラなどが原因にある。

登校時のパニック時期
パニック期登校時期になると、子どものストレス、不安は限界に達し、親に対し激しく抵抗したり、泣き叫んだりする。
親が無理に学校へ連れていこうとすると、狂人のように暴れる。

自閉期
親が学校へ行かせるのを諦めると、子どもは自分の世界に閉じこもるようになる。
ゲームやネットに没頭し、暴力、暴言などの攻撃的態度は減り、穏やかな状態になる。
しかし心の緊張感や周りに置いていかれている事から来るストレス、親の不用意な言葉などで、突発的に激怒したり、暴れたりすることがある。

親はどう対応、対処すれば最善なのでしょうか

親だからこそ、子供をますます追い詰めて、精神的プレッシャーとストレスを与えてしまうケースがあります。
もろくなっている子供の心は、非常に取扱い注意ですが、無為無策なままの不安もあります。

そこに不登校の親は誰もが悩んでいます。

親が不登校児への対応を間違えると、子供が追い詰められてしまう…

親の変わってほしい思いに子供が追い詰まる
強くなってほしいと思う。
立ち直ってほしい。
たくましく生きてほしい。

けれど、子供本人が強くなりたいと願っても、絶対できない「何か」が心(無意識)の中にあります。
だから、親の期待はかなえられません。
そんな自分を自分で追い詰めてしまいます。

ほかの同級生は順調に(?)育っていっている。
だからますます惨めになります。
テレビの向こうの世界は、誰もが幸せに生きているように映ります。
だから余計心がクサクサしてきます。

学校恐怖症は、親がいくら変わってほしいと思っても、無意識から変えられない原因があるとのことです。
だから、親の期待に答えられない自分を嫌悪し、自分を追い詰める可能性があります。

1 2