1. まとめトップ

【目立つニキビ跡の赤み・・・どうやって治せばいいの?】ニキビ跡の赤みの原因と対処法

ニキビ跡の赤みに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。ニキビ跡の赤みはなかなか消えない上に、肌が荒れているのが目立ってしまいます。女性としてはなんとしても消したいと思うはず!ニキビ跡の原因と対処方法についてまとめました。

更新日: 2018年08月30日

0 お気に入り 764 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ニキビ跡の赤みとは?

なんとかニキビが治ったのに、赤い跡がついてしまったことに気が付いてがっかりする方も多いと思います。その赤い跡は、でっぱりはないですが特に痛くもないのに、赤みだけが残っている状態。

女性を悩ませるニキビ跡の赤み・・・。

先々月くらいからほっぺの赤いニキビ跡が消えなくて死にたい

夏に焼けた肌がすでに元の色に戻ってるんだけどニキビ跡はなかなか消えてくれなくて、色が白いぶん赤い跡が点々と残っててすごく…目立つ…

ニキビ跡の赤みの気になる原因とは?

ニキビの炎症によって皮膚組織がダメージを受けると、その部分を修復するために毛細血管が作られます。その毛細血管を流れる血液により、皮膚に赤みが出ます。通常よりも毛細血管が増えるのに加え、炎症のダメージのせいで皮膚が薄くなっているため、通常よりも赤みが目立ちます。

ニキビが原因で肌の組織にダメージを受けた肌は、赤みのあるニキビ跡を残してしまいます。ニキビが赤くなるのは、炎症によって損傷した組織を治すために毛細血管が集中して増え、血液が集中し、血液の赤い色素が濃く見えるからなのです。ニキビが治ったあとも、赤みだけが長く残ってしまい、ニキビ跡になるというわけです。

炎症がひどい場合には表皮の奥にある真皮にまでダメージが及び、毛細血管から漏れ出た血液が変色してしまい、赤紫や紫色のアザのようなニキビ跡になることも。炎症が治まれば赤味も治まりますが、悪化すると色素沈着による茶色のニキビ跡や厄介なクレータータイプのニキビ跡になってしまいます。

放置と間違ったケアはNG!かえって悪化するケースも!

放置してしまったり、気になって自分でネットで調べて間違ったケアをしてしまったり、自分の皮膚に合わない塗り薬を使ったりして悪化するケースもあるので、放置とセルフケアには注意が必要です!

炎症を起こしていたり、化膿しているニキビに間違ったケアを行うと、より症状が悪化したニキビ跡へと進行します。

薬局やドラッグストアで塗り薬を買って、ニキビ跡をセルフケアする人も多いですが、セルフケアは肌に合った方法で行わないと悪化することがあるので注意が必要です。

ニキビ跡をしっかり治すにはクリニックがベスト!

ニキビ跡が赤くなってしまった場合でも、適切なケアを行えば、ターンオーバーにより徐々に赤みは改善されていきます。

ニキビ跡ができている人は早く治したい一心で、あれこれ使ってしまい自ら治癒しようとしている肌にダメージを与えてしまいます。

お気持ちは痛いほどわかるのですが、それが原因でニキビ跡が悪化することってすごく多いんです。

なのであまりにもひどくなってしまった場合は、皮膚科での治療をひとつの選択肢としておすすめしています。

医師にきいてみたところ、約6割が不可能(ニキビ跡が気になるならすぐに医療機関を受診するべき)と答えました。「状況によっては可能」と答えた医師も

ニキビ治療ができる代表的なクリニックまとめ!

■フェミークリニック

フェミークリニックは脱毛からシミ治療、ニキビ治療など様々な美容医療を行なっている専門クリニックです。

ニキビ跡の赤みには「光線治療+イオン導入」と「ケミカルピーリング」「フォトRF」という方法の中からお客様に合わせて適切な治療を行なっています。

アトピーやワキガ、多汗症、乾燥肌など肌の悩みがある人の治療実績が豊富にあるため、ニキビ跡などの肌の悩みを相談するのであれば、フェミークリニックがおすすめです。

■城本クリニック

城本クリニックは、脱毛やシミの治療、ニキビ治療などあらゆる治療を行う美容皮膚科です。

ニキビ跡の治療にはケミカルピーリングをはじめ、マクロピール(サリチル酸)を使った治療や皮膚に医療用の細い針で穴をあけてコラーゲンの産出を促進、皮膚のターンオーバーを促すダーマローラー治療なども行っています。

■メディアージュクリニック

1 2