1. まとめトップ
  2. 雑学

実は簡単だった!秋刀魚の塩焼きをキレイに食べる方法まとめ

焼き秋刀魚の食べ方って何だか難しそう・・・食べ慣れてないと上手く骨も取れません。キレイな食べ方を学んで脂の乗った美味しい秋刀魚定食を食べに行きましょう!

更新日: 2018年11月07日

97 お気に入り 40230 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秋に秋刀魚を食べないのはもったいない!

momoizumiさん

秋の魚と言ったら”秋刀魚”

塩焼きにして食べるのが多いですね☆

DHAやEPAなど体に嬉しい栄養も豊富!

秋の秋刀魚は脂が30%になるとも!?

秋刀魚の脂の含有量は、上述の20%どころか、30%に達することもあるとか。
30%の脂の含有量は、マグロのトロに匹敵する量です。

秋刀魚美味しい〜〜2日連続だけど余裕すぎる秋刀魚は美味しい pic.twitter.com/nfqrDUmGJd

でも、キレイに食べられないという人も多い・・・

「キレイに食べられないから食べない!」なんて、もったいないですよ~

焼き魚や煮魚などをきれいに食べる人は、何となく育ちが良さそうに見えますよね。反対に、汚い食べ方で「育ちが悪そう」と罵られた経験がある人もいるかもしれません。

秋刀魚って一生懸命食べても綺麗に食べられないから苦手・・・

@tomo1145963 秋刀魚は食べ方を知らないと綺麗に食べられないのでそこを驚かれてるのでは? 一般教養では焼き魚の食べ方や作法を教えてくれませんから

秋だから秋刀魚美味しい季節! なんだけど、上手く食べれない… 綺麗に食べれるようになりたいなぁって思うこの何年間笑

実は超!簡単だった、秋刀魚の食べ方

①全体をやさしく寝かせた箸で押すことで身がほぐれ易くなります!

②頭の方から尻尾にかけて背骨に沿って箸を入れます。

③上身がキレイに剥がれるので、ますそこを頂きましょう!骨に沿って身を剥がすのがコツです。

全体を箸で軽く押さえます。こうすると、身が骨から外れやすくなります。そのあと、頭側から尾に向かって骨の上を箸で切るようにします。

箸を寝かせ、頭の脇から尾にかけて身全体を軽く押していくこと。これによって骨と身をほぐすことができるのです。

「とりあえず、最初に頭から尻尾に向かって、背骨に沿って箸を入れていきます」

頭から尻尾に向かった背骨に沿って水平に箸を入れます。食べられるために生まれてきたかのように、スイーっと箸が入ります。

④背骨がよく見えるので、左手で尻尾を持って箸で実を押さえながら頭の方に持ち上げると背骨がキレイに取れます!

⑤背骨が無くなったので、ひっくり返すことなく下身もキレイに食べられます。(内臓はお好みでどうぞ)

⑥食べられなかった小骨や内臓はお皿の上の方にまとめておくと良いです。

背骨を外して、そのまま裏側の身を食べます。背骨は頭の付け根を箸で押すとポキッと簡単に外れます。骨を外すときは手を使ってもOK。

はらわたは苦手な人もいますので、その場合は取り除いて皿の左端に寄せます。小骨も気になるようでしたら、取り除いてはらわたと一緒に左に寄せておきます。

全て綺麗に食べ終わったあとは
頭のついている骨をポキッと箸で二つ折りにして
小さくたたみ、小骨や内臓と一緒にお皿の奥にまとめておきましょう。

秋刀魚の食べ方がキレイな人を真似るのも良いかも!?

皮もワタも食べる派なのでなかなかどうして秋刀魚の食べ方がお綺麗 pic.twitter.com/JOdb9naitY

1