1. まとめトップ

【ドルフロ】初心者向け!レベリングの基本&おすすめ人形

ドールズフロントライン(ドルフロ)のレベリングには必須の情報と、序盤から育てやすい人形について詳しくまとめました。レベリングってどこで?どうやればいいの?という初心者司令官におすすめです。

更新日: 2018年09月05日

1 お気に入り 2288 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ドールズフロントライン(ドルフロ)のレベリングには必須の情報と、序盤から育てやすい人形についてまとめました。

isakasolaさん

レベリングを始める前に:基礎知識

まずはレベリングの目標を立てましょう。

始めたての初心者司令官さんなら、まずは「第一部隊を集中レベリング」。
攻略に詰まりだしてある銃種の人形を育てるなら、「第一部隊+レベリングしたい人形」。
ある程度攻略して、全体のレベルを引き上げていくなら「Link3~5の引率役+レベリングしたい人形」。

これで部隊をどの人形で構築するか決まります。

まず誰を育てるか?

初心者さんの場合、優先的に育成をおすすめするのは☆3か☆2のSMG×2とAR×2~3です。

☆4や5じゃなくていいの?と思われるかもしれませんが、このゲームは「ダブりやすい人形ほど育てやすく強くなりやすい」です。レアリティが高い=同じキャラを入手しにくい、ということなので、序盤に入手して育てても、「編成拡大」が行えません。汎用コアを使うことで同じ人形の代わりにできますが、この汎用コアはある程度手持ちの人形が育ってからでないと入手しにくいのです。「ある程度手持ちが育ってきたら☆5を育てる」くらいの気構えでいきましょう。☆4はダブりやすいものや報酬としてもらえるものもありますし、優先的にコアを使いたい人形も存在します。


サブマシンガン(SMG)は消費資材は多めですが、PT全体のダメージを引き受ける盾(タンク)の役割を持ちます。いるといない、活用するしないでは大幅に攻略・周回難易度が変わるので、できれば1人、交代用に1人以上を用意して育てておくと、レベリングの効率が大幅に変わります。


火力担当はアサルトライフル(AR)。いくつかある銃種の中でも平均的なステータスを持っており、序盤から昼戦における火力担当です。SMGに比べるとHPは低いのでタンクには向きません。火力が高いので、SMGを盾に敵を制圧するのがARです。SMGが育ってくるとダメージをほとんど受けなくなるので、交代要員含めて2~4人育てておきましょう。


SMG2枠AR2枠の部隊であれば、残りの1枠にPTのバフ担当ハンドガン(HG)、一発のダメージが大きいライフル(RF)を採用すると、夜戦に向けての準備の際に少し楽ができます。貯蓄している資材があまり多くないのであればHGを、そこそこ資材が溜まっている場合はRFを育てていくのがおすすめです。


マシンガン(MG)は序盤に引いても一般の戦闘でレベリングするのはおすすめできません。資材の消費がとても大きいので、後述する自律戦闘や模擬作戦でのレベリングをおすすめします。


…でも推しを引いたら真っ先に育てましょう。愛に勝る効率などないのです。

序盤からおすすめのSMG

まずはタンク役として優秀、かつ序盤から育成がしやすいサブマシンガンを紹介します。特にサブマシンガンは被弾が多く、修復に入れて交代要員を出して、という場面が多いため、手持ちのサブマシンガンもどんどん育てていきましょう。快速修復契約を使う枚数がぐっと減ります。

序盤の任務報酬で貰える☆3のSMGです。タンクは極力編成拡大をしてHPを増やしたいところ。序盤育てやすいというのは大きなアドバンテージになります。

また、スキルのナパーム弾は「範囲ダメージ+火傷」を敵に与えるものなので、複数の敵を処理する際にとても有効です。

こちらも序盤から獲得できる☆3のSMGです。こちらはサブマシンガンの中でも高いHPを誇る人形で、タンカーとしてとても有効な構成をしています。

スコーピオンと同じく育てやすいため、どちらも育成しておくことをおすすめします。

序盤からおすすめのAR

次はアサルトライフルについて。正直なところ、ARはスキルの面でかなり得意な分野がばらけているため、「どれもおすすめ!!」としか言えませんが、序盤から入手でき、陣形効果も使い勝手の良いものをピックアップしました。入手できた☆3,4の人形がいれば、それを優先しましょう。

序盤の製造で引き当てた人は多いのではないでしょうか?射速ステータスが高く、スキルも自身の火力アップと終盤まで腐らない性能です。

ログインボーナスで最初の1体を獲得できる夜戦特化型のARです。昼戦と夜戦で自己強化バフの倍率が変わるというスキルを持っています。もちろん昼戦でも十分な火力がありますし、最初からスキンが使えるのは可愛がりがいがありますね・・・!!

詳しくは避けますが、メインストーリーを進行することで獲得できるARです。獲得は一回きり、ドロップや建造では出現しない人形なので、汎用コアでしか編成拡大できません。それを差し引いても十分に有り余るほど強い性能を持っているうえ、日本版では今後実装されるであろう「改造」も海外版では実装されている人形なので将来性も抜群です。

編成拡大とレベリング

ドルフロには「編成拡大」というシステムがあります。同じ人形を合成することで、Link数が1増えるシステムのことです。この編成拡大を行うと、獲得できる経験値が0.5倍ずつ増えていきます。もちろん消費する資源も増えますが、編成拡大をするとしないでは獲得できる経験値に大きな差が開くことになります。

編成拡大をしていないとき(Link0)、獲得できる経験値は「獲得経験値×1倍」です。
Link1だと×1.5倍、Link2だと×2倍、Link3だと2.5倍、Link4だと3倍の経験値が獲得できます。編成拡大できるなら、できれば早めに、でもコアは節約しつつ、を心がけましょう。

どこでレベリングするか?-経験値減衰の話

ドールズフロントラインのレベリングにおいて、絶対に知っておいてほしいのが「経験値の減衰」です。各ステージには適正上限レベルが設定されており、このレベルよりも高いレベルの人形は獲得できる経験値が減少してしまう、ということです。+10レベルくらいなら半減するくらいで済みますが、それでも大きな痛手。もっとレベル差が開くとほとんど経験値を獲得できなくなります。

大事なのは、この経験値減少は、人形ごとに適用されるということです。経験値減少レベルよりも高いレベルの人形と、低いレベルの人形を一緒のPTに入れて経験値を獲得したとき、高いレベルの人形は減少がかかり、低いレベルの人形はそのままの経験値が適用されます。

ということは、「十分に強くなった人形」で「まだレベルの低い人形」を引率する、という形でのレベリングは現実的だということです。最高効率であるかは別ですが、被弾率を下げて回転率を上げることができれば、時間当たりの経験値獲得量は多くなるわけです。

そもそもレベリングで何が上がるの?-LvUPと人形強化

一番大事な話といっても過言ではありません。
「このドルフロというゲームにおいて、レベルが上がるというのはどういう意味があるのか?」


レベルを上げることで上昇するのはHPのみです。他のパラメーターに関しては、強化できるステータス上限が上がるだけであって、人形強化をしない限り攻撃や回避などのステータスは自動で上がりません。

「レベルを上げたら、人形強化を行う」。これをセットで行うことで、攻撃や回避に関するステータスは上昇します。人形強化を疎かにすると、人形はレベル分のパワーを発揮できないということです。

また、スキル強化や編成拡大も人形の能力を大きく伸ばす大事な要素です。レベリング待ちの子はスキル強化をしておく、育てる予定のある人形はダブったら確保しておく、などに気を付けておきましょう。

レベリングにおすすめのステージ

レベリングする方法によっても違いますが、ここでは比較的有名で「ステージ名 レベリング」で検索すれば詳細に解説がされているようなステージを取り上げます。手持ちの人形の組み合わせや装備などの状況によっても周回しやすいステージは変わってくるので、全くこの通りにレベリングをする必要はありません。

ひとつだけ取り上げるとすると、レベリングの楽園といわれる4-3Eは、タンクを用意したうえで火力多めの編成なら、Lv50くらいから安定して回れるようになります。まずはこの4-3Eにたどり着くのを目標に、第一部隊を育てていくのがおすすめです。

~Lv10:1-2
~Lv20:1-5
~Lv30:2-3
~Lv35:2-1E
~Lv45:2-4E
~Lv60:3-3E
~Lv75:4-3E
~Lv88:5-2E

4-3緊急

レベリングの聖地と呼ばれる4-3e。ここまで解放出来たら、Link4は目前です。

1