1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

現代の〇〇…人気漫画家たちのデビュー秘話が衝撃的すぎる!

「ちびまるこちゃん」を生んださくらももこ先生,「ちはやふる」末次由紀先生,「おやすみプンプン」浅野いにお先生,「ワンパンマン」ONE先生…人気漫画が生まれるまでには様々なエピソードが…!驚きながらまとめてみました!!

更新日: 2018年09月02日

19 お気に入り 80180 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

レジェンド級の人気漫画を生み出したきっかけは意外なところにあるみたい!

critical_phyさん

まじかよ…さくらももこ先生のデビュー秘話が注目を集めている!

国民的アニメのひとつと言われる『ちびまる子ちゃん』の原作者で、アニメの脚本も手がけていたさくらももこさんが、53歳の若さで亡くなった。

さくらさんは1965年、主人公・まる子と同じく静岡県清水市に生まれた。中学生の頃から少女漫画雑誌に作品を投稿。当時は正統派の恋愛漫画を描いていたが、賞には縁がなかった。

そんなさくら先生の原点は実は高校時代の国語のテスト!

教師の批評欄には「書き流したエッセイ調の文体が高校生とは思えない」「現代の清少納言」とまで書いてあったそうだ。この嬉しさを噛み締めながら、帰り道で彼女は「エッセイを漫画にしてみたらどうだろう」と思い立った。

これは気になる…「ちはやふる」の末次由紀先生のデビューのきっかけとは?

競技かるたを題材とした少女漫画。本作の主人公は名人・クイーンを目指す少女・綾瀬千早であり、物語は千早がクイーンの座を賭けて争う場面から始まる。その後は千早が過去を回想する形で第6話迄は小学校編が、第7話から高校生編が描かれている。

小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。高校1年生の頃の1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。

うれしい、というより、スタートラインなんだと実感。晴れやかな気持ちはあったけど、プロとしてやっていけるのかという不安も大きかった。でも、同期でデビューした人たちと友達になることができたんです。私が一番年下でしたが、10代が多くて心強い存在。

終わってしまう残念さもあるものの、末次由紀さんが『ちはやふる』とは違う題材で新しい漫画を生み出してくれる可能性も考えると、楽しみでなりません。

こんな声も!

そんな理由が…「おやすみプンプン」浅野いにお先生の原点とは?

この漫画の主人公は、鳥のような形をした可愛いキャラクター。なのにその内容ときたら、人間の醜い部分をエグり出すような内容の連続で、「読んだら鬱になる!」という感想が続出。

たとえみんなを滅亡から救えなくても、愛子ちゃんだけは救いたい。なぜなら彼女は“運命の人”であるかもしれないから…。当代随一の注目作家が、まったく新しいアプローチで21世紀の「イマ」を撃つ衝撃作!!

作品内でコラージュ的な表現を用いたり、一部の人物に話の進行とは無関係な奇行を描いたりと、実験的なシュルレアリスム表現がみられる。

ビッグコミックスピリッツ編集部に持ち込んだ4頁の処女作品「菊池それはちょっとやりすぎだ!!」(浅野いにを名義)が『ビッグコミックスピリッツ増刊Manpuku!』(小学館)に山本直樹の代原として掲載され、持ち込みからわずか1週間でデビューした。

しかし…

異例のデビューは果たしたものの、続く展開はけして芳しくなく、浅野さんは大学受験のために執筆を一時中断。玉川大学芸術学部に進みます。

最大の魅力は、描き出す漫画の世界の普通さであろう。どこまでもリアルで日常的な世界は、私たち読者の感情移入を誘い、届けられるメッセージに強い影響を受ける。

おやすみプンプンたまに読み返したくなって数ページ読むけど、やっぱりやめてしまう。 プンプンは心に来すぎる。

奇跡のコラボの始まりとは?「ワンパンマン」ONE先生のデビューエピ!

時代が求めたニューヒーロー『一撃男』と言えば?!? 『WEB界のカリスマ』と『最強ジャンプ遺伝子』の超強力タッグが描き出す! 平熱系最強ヒーロー“サイタマ”の日常ノックアウトコミック!!

本作は当初、ONEがパソコン用の漫画原稿制作ソフトComicStudioの練習のために執筆したものであった。しかし、読者からの反応が予想より大きかったことを受け、最終話までのプロットを作り、現在はそれに従い制作しているという。

強すぎるヒーローが癖になる!そんな一冊でした。どんな敵が出てきてもパンチ一つで終わり、ある意味シュールな内容だけど面白い。

1 2