1. まとめトップ

自分の考えや信念押し通す「我が強い人」の特徴

自分の考えや信念を持っており、それを曲げず押し通そうとする意志が強いが我が強い人たち。そのため好き嫌いが激しく人間関係において軋轢を生みやすいタイプとも言えます。また喜怒哀楽が上げしいなど性格のきつい人も多いようです。

更新日: 2018年09月10日

7 お気に入り 8292 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・場を仕切りたがる

我が強い人は、自分の考えを回りに押し付けるため、その場を仕切りたがる傾向にあります。そのため、たとえ自分の意見が少数派だったとしても、他人の意見を無視して、自分の都合の良いように物事を進めようとします。

例えば、複数で旅行に出かけたときなどは、それぞれの意見を考慮して行きたい場所を決めるものです。しかし、我が強い人がいた場合は、その場を仕切ってしまい、その人が行きたいところに無理矢理に連れていかれることになります。

このように、我が強い人は、どんな状況でも中心人物になることを考えています。そのため、自分の会話に相手を引き込む術を心得ているのです。これは、ある意味で会話が上手いとも言えるでしょう。

・「でも」「だって」が多い

我が強い人は、無意識にこの言葉をよく使っています。これは、自分の意見を押し通そうとするあまり、他人から正論を言われても、自分の非を認めようとしないことが原因です。そのような場合、まず最初に出て来るのが、「でも」や「だって」です。

我が強い人の特徴のひとつに、言い訳があります。たとえ間違っていても、「でも」や「だって」から始まる言い訳を用意し、自分の正当性を主張するのです。その他にも、周りから何か情報を得た場合にも、まずは「でも」「だって」を使い、批判的な言葉を口にする場合が多くみられます。我が強い人は、基本的に自分中心に思考しており、それ以外のことを簡単には受け入れられません。

・チャレンジ精神旺盛

チャレンジ精神がある人は我を通す人です。自分が先頭を切って突き進む以上は、我の強さがなくてはなりません。しかし物事を成功させるには周囲の人達との関係性があってのことです。何でも自分の我を通し過ぎると、信用をなくす可能性があります。

・早口

我が強い人に限って、やたらと早口であることは多いです。これも、場を仕切ることと関係しています。早口でまくし立てるように話すのは、相手が口を挟む隙を与えず、常に優位に立って話しを進めるためです。このため、我が強い人は話の展開も早くなります。早口で次々に話を展開させ、常に自分の話題だけになるように誘導します。

あまり早口なため、我が強い人の話は、あまり内容が頭に入らないという場合も多いのです。かろうじて理解できたとしても、内容がなく薄い印象を抱きます。我が強い人は、とにかく自分のことを話したい、自分が中心になりたいという意思は強いのですが、相手がどう思うかは、それほど気にしていなません。

・声が大きい

我が強い人には、声が大きい人が多くみられます。これは、自分を常にアピールして、その場の中心であろうとするためです。そのため、注目を集めるために自然と声が大きくなります。

主導権を握るためには、早口でまくし立てる他に、声を大きくすることも重要です。大声で早口な会話をすることで、より注目を集め、その場の空気を完全に支配しようとします。また、我が強い人は感情を激しく表すことも多いので、余計に声が大きいというイメージがつくのです。

・人に相談しない

我が強い人は、誰かに悩みを相談するということがありません。常に自分が中心であることを望むため、他人に弱みを見せたくないのです。そのため、何か問題が起こっても自分一人で解決しようします。我が強い人は、この問題解決にはかなりの労力を注ぎ込み、全力で対処します。なぜなら、あとから人に話して聞かせるためです。

弱みを見せたくないのなら、自分の苦労話は避けるべきとも思えますが、我が強い人は自分の自慢話がしたいのです。このため、悩んでいる時は絶対に人に相談しないにも関わらず、解決したら必ず事後報告をすることになります。人に相談しないことの理由は、我が強い人が常に自分本位であることも大きいでしょう。基本的に人の意見を聞かないため、相談とするという選択肢が最初からない場合が多いのです。

・好き嫌いがハッキリしている

我が強い人は好き嫌いがハッキリしていて、それを態度にも出します。

嫌いな人には冷たく、仲良くなりたくない人から遊びに誘われたりしても、「行きたくないから行かない」とキッパリ断ります。

誰にでもいい顔をする八方美人とは間逆の性質かもしれません。

・自分の信念に逆らう行動は取らない

我が強い人のスゴイところは、自分の信念に逆らうような行動を取らないところです。この信念が「女性に対する暴力は絶対にいけないこと」など、社会のモラルと合っていれば、女性から見るとしっかり守ってくれる、心強い味方になり得ます。

ただし、ちょっと曲がった信念を持ってしまっている場合は、周りから距離を置かれてしまう可能性もあります。

・騙されにくい

例えばうまい話を持ちかけられた場合でも、「だけどそれはこうなるのでは?」「それは違うのでは?」「それで自分にはどんな利益があるの?」「なんで利益が得れるの?」などと、自分が100%納得するまで疑問に思ったことは聞き続けることができます。

悪徳商法では、友人がきっかけで騙されたりするケースが多いのですが、我が強い人はそもそも周りの意見や考えに否定することが多いので、騙されることがほとんどありません。

・自分を見失わない

自分が言ったことに対して周りから意見されると「あぁ、そうかも」「その方がいいかも」「そうだよなぁ」と自分の主張が結局何だったのかわからなくなることがなく、何を言われても主張を通すことで自分という人間性がブレることがありません。

周りがどうこう言おうが関係なく、自分が正しいと思ったことを貫き通す力を持っています。

例えば、AとBという選択肢があり、どちらかを選ばなければならない場合、Aの内容は胡散臭いがAを選べば昇進できると言われた場合、ほとんどの人は迷うことなくAを選びます。
一方我が強い人は、AとBをしっかりと見て考え、例え昇進できなくても内容が確実なBを選ぶことができます。

我が強い人は自分の意思を曲げないことはありますが、選択肢がある婆、自分が正しいと思った方を選びそれを曲げることはありません。

1 2