1. まとめトップ

小学6年生の生徒と恋した女教師・・メアリー・ケイ・ルトーノー

小学校に通う12歳の少年だった自分と性的関係を持ち、児童レイプの罪で有罪判決を受け収監された元担任の女性教師。2人の間には2児がおり2人ともが獄中出産。出所後に結婚したというドラマみたいな話である。

更新日: 2018年09月03日

1 お気に入り 79074 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

firk12さん

●メアリー・ケイ・ルトーノー

メアリー・ケイ・ルトーノーは、当時2男2女の母親であり、教師であった。

シアトル郊外の広い庭付きの一軒屋で家庭を築き上げていった。夫は浮気性で夫婦仲は良くなかったというが、メアリーは小学校教師という仕事に打ち込むことで心のバランスを保っていた。

・教師と小学生の恋

メアリーはワシントン州の小学校の2年生の担当となった時、ヴィリ・フアラアウに出会った。ヴィリはその時8歳であった。

自分の長男より1歳半年上という、幼いヴィリに特別な感情を抱くようになったのは最初の出会いから5年後。メアリーが6年生のクラスを担当し、彼が再び彼女の生徒となった時だった。

久し振りに接するヴィリは、メアリーが知っている子供のヴィリではなく、想像以上に成長していた。小学6年生といえど、見た目的にも精神的にもヴィリはすでに立派な大人に見えた。

・禁断の関係

6年生の終わり頃になると、ヴィリは思春期を迎え、自分にとても優しくしてくれる笑顔の素敵な美しい女教師に好意を抱くようになり、「先生、不倫したことある!?」と聞いた。

その質問に、メアリーはたしなめることなく、はぐらかした。すると、ヴィリは大胆にも、「ぼくは先生のことを愛している」とストレートに告白したという。

1996年夏にメアリーとヴィリは性関係を持ち、その結果妊娠する。

1997年2月、メアリーとヴィリとの間でやり取りされていた手紙をメアリーの夫が見つけてしまい、2人の関係が発覚した。

・児童強姦罪

1997年2月26日にメアリーは児童レイプの罪で逮捕された。その4ヶ月後、彼女は獄中で娘を出産した。

メアリーは罪を認め、ヴィリとは2度と会わないこと、ヴィリとの赤ん坊の親権を放棄するという条件を受け入れたため、禁錮6カ月の刑が下された。

精神安定剤を飲んでいることから、同じ過ちはしないと判断されたため4カ月後の98年元旦に仮釈放された。

・2度目の逮捕

1998年2月3日、警察はヴィリとカー・セックスを行っているメアリーを見つけ、少年に会わないという仮釈放の条件に反した咎で逮捕した。

ヴィリとは2度と会わないという条件に反したメアリーの仮釈放は取り消され、再び刑務所に戻された。

1998年3月、メアリーは再び妊娠していることが発覚する。涙を流す彼女に対して禁錮89ヵ月を命じた。

同情派たちも仮釈放中にカーセックスを楽しんでいた彼女の愚行にあきれ返り、メアリーは「とんでもないビッチ」だと全米からバッシングを浴びる。

1999年5月、メアリーは夫と離婚。4人の子供は、単独親権を勝ち取った旦那の故郷アラスカに連れて行かれる。

・結婚

1 2