1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

■今日から学校だという学生は多いはず

夏休みももう終わりか… 明日から学校… 高校の夏休みって短く感じる…

■しかし、『夏休み明け』に良くないデータが内閣府によって公開されています

夏休み明けは、登校拒否や自殺をする子どもが増える時期だと言われています。

内閣府によると、平成25年までの42年間に自殺した18歳以下の子供1万8048人を分析したところ、自殺日は9月1日が131人と突出して多いことが判明。

4月11日が99人、4月8日が95人、9月2日が94人、8月31日が92人など、長期休暇明け前後に増えることが分かっている。

■夏休みは自由に過ごせる時間が長いので、ストレスをあまり感じないでしょう

また、夏休みは自由に過ごせる時間も多く、旅行、祭り、プールなど、楽しい事の宝庫です。

特に夏休みは期間が長いので、1学期でストレスを抱えていた子どもも元気に過ごせていることが多いようです。

■ただ、学校に行くことにプレッシャーを感じている子供たちは多くいます

学校が生活基盤になっている子どもにとっては、当たり前のことですが、学校に行くことについて極度なプレッシャーが掛かっている。

夏休み明けに学校に行くことに大きなプレッシャーを感じて精神的動揺が生じやすいと指摘されています。

そして、子どもは、対処法がわからない・選択肢が少ないなどの理由で登校拒否、さらには、自殺をしてしまう事態に陥ってしまいます。

■また、自殺する子供たちの大きな原因は『いじめ』が考えられます

子どもが成長するにつれて、学校をはじめとする友達から受ける影響は多大です。時には親の影響に勝ることもあります。

その友達からいじめられたり、無視されたりといった悩みは深く、自殺につながりかねない危険性があります。

■いじめの他にも様々な原因があるでしょう

悲痛な出来事としてクローズアップされやすい「いじめ」だが、子どもが自殺する理由はそればかりではない。

身近な人との死別体験などによる喪失感、家庭問題の苦痛体験、また昨今では自殺企図手段への容易なアクセス、などがあります。

■こうしたプレッシャーや悩みは、中々気づきにくいものです

1 2