1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

フランクフルト対ブレーメンの試合が行われた

ブレーメンに所属するFW大迫勇也がリーグ戦で移籍後初ゴールを挙げ、チームの今季初勝利の大きく貢献した。

前半21分に大迫のゴールが決まる

3トップの左で先発した大迫は前半21分、MFマキシミリアン・エッゲシュタインのロングパスを呼び込み、最終ラインの裏に抜け出してGKの股間を抜くシュートを決めた。

一度はオフサイドを取られるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末に得点が認められた。

大迫やっぱり半端ない[ゴールシーンは1:20] / 【ハイライト】フランクフルト×ブレーメン 「18/19 ドイツ ブンデスリーガ 第2節」 youtu.be/-biXDPSS6JE

その後、ブレーメンは後半9分に同点に追いつかれたが、後半アディショナルタイム6分にMFミロト・ラシカが勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利。

ドイツの各メディアの反応では

ドイツのサッカー専門誌『kicker』は「M・エッゲシュタインの一級品のパスを、日本人選手はグラウンダーのシュートでゴールに流し込む。

あまりにもスムーズな動き。副審が(オフサイドの)旗を上げたが、VARによりゴールと認められた」と、アシストを決めた選手ともども称賛している。

「フロリアン・コーフェルト監督が獲得したユウヤ・オオサコが先制点を挙げ、ブレーメンをけん引した。オオサコは、味方にラストパスをプレゼントするも、得点には結びつかなかった。

そんな、攻撃の閉塞感を自らの力で打破し、自由に動き、さまざまな役割を果たしたのだ。ブレーメンはPKを与えて一度は追いつかれ、GKが負傷するというトラブルに見舞われながらも、耐え切り、ラシチャのFKで勝ち切った」

と評価。

大迫の試合後のコメントでは

「嬉しいです。最初はオフサイドにされましたが、ゴールになりました。ゴールはゴールです(笑)。

ファンも大歓声で喜んでくれましたが、ミロット・ラシカが(決勝点を)決めた時の方がさらに大声でしたね」と大迫はコメントしている。

ネット上でもこのゴールが話題になっています

footballlog : ブレーメン大迫、移籍後リーグ初ゴール! キターー(☆゚∀゚)ーー! https://t.co/3ZVipzJajy pic.twitter.com/jGoqDnSoHz

大迫勇也、VARに助けられての移籍後初得点。「ゴールはゴールです(笑)」 https://t.co/Ebe6bQYCeo pic.twitter.com/cFffc9MNoD

大迫選手はフル出場して、ゴールを決めて攻撃で勝利に貢献!!よくやった!!

大迫大活躍! 今季初ゴール! ポジションもコロコロ変えて何度も惜しいプレー演出したね 怪我無く半端ないプレー見せ続けてくれることに期待 (*´ω`*) samuraisoccer.doorblog.jp/archives/52409…

オフサイドのち得点! 大迫、今季リーグ戦初ゴールの“GK股抜き弾”にファン歓喜「半端ない」 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018… 半端ない てかゴールシーンだけじゃなく随所にキレてたっぽいね☺️ 引き続き頑張って✨ #soccer #football

1 2