1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ドラえもん』だけじゃない!「藤子・F・不二雄」のおすすめマンガ

国民的アニメ・キャラクターの『ドラえもん』を生み出した「藤子・F・不二雄」のおすすめマンガ6作品。藤子不二雄Ⓐとの合作『オバケのQ太郎』、復刊された『ジャングル黒べえ』、発明道具が次々『キテレツ大百科』、画家の父のモデルも『エスパー魔美』、大人向けの隠れた名作『中年スーパーマン左江内氏』。

更新日: 2018年09月05日

3 お気に入り 1910 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『オバケのQ太郎』

オバケの国からきて正ちゃん(大原正太)の家に居候する。空をとべるし,姿をけすこともできるなど,お化けの超能力をそなえているが,大食いで,犬によわいなど人間っぽさもあわせもつ。

みんな知らないと思うけど「オバケのQ太郎」ってマンガ面白いから読んだ方がいいですよ。

子供が図書館で借りてきたオバケのQ太郎のマンガを読んで、大爆笑している。面白いものは、世代を越えるなあ。

日本一面白いギャグマンガは、オバケのQ太郎だと思う(新じゃない方ね)

◆『ドラえもん』

未来の国からやってきたごぞんじ、ネコ型ロボットのドラえもんが親友のび太とともにくりひろげる友情ファンタジー。四次元ポケットから取りだされる不思議な道具で日本じゅうを笑いに包みこむ。

ドラえもんはこの世で1番面白いマンガ理論はよく友達と口論になったけどむしろドラえもんより面白いマンガって何、、、、、、、?

ふと思い出してドラえもんの単行本を読んだのがまずかった。今更過ぎるがめちゃめちゃ面白い。あんなに毒の強いマンガだったとは

ムスメが「マンガって面白いね」と言った。どうやらドラえもんのコミックを買ってもらったようで、さすが藤子F先生の児童漫画、その読みやすさに始めて漫画の魅力にふれたらしい。どれどれ懐かしいなとページをめくったら、1話目が「タイムふしあな」で、しずちゃんの裸をのぞく話だった。…藤子ッ!

◆『ジャングル黒べえ』

アフリカの密林に住むピリミー族の王さまの息子である黒べえが、ジェット機を大きな鳥と勘違いし、捕らえようと車輪にしがみついたものの日本上空で力尽きて落下し、佐良利家で看病されたことを機に、恩返ししようと得意の魔法や呪術で騒動を巻き起こす。

藤子・F・不二雄大全集第1期がすべて届いた。「ジャングル黒べえ」初めて読んだ。面白い。同じ不思議な能力をもつ居候でも、ドラえもんは(初期はともかく)のび太の保護者的存在だけど、黒べえはトラブルメーカーだから、そこに大きな違いがあるなぁ。

先日発売された小学館の本気『ジャングル黒べえ』を読む。何これめっちゃ面白いw F先生のドラえもん型の話は多くて実は好き嫌いがあったりだけど、これは本当に面白かった。後はアニメがソフト化されれば・・・。

ジャングル黒べえよりも面白い昭和ギャグアニメは無いと思うけど、流石のジャン黒も星の子ポロンにはいろんな意味で敵わないと思う。

◆『キテレツ大百科』

江戸時代の発明家だった先祖の残した書物を参考に、小学生が作ったさまざまな発明道具が引き起こす騒動を描く。

キテレツ大百科、何周しても神面白い +500000000000点

ああ〜、言われてみたら、確かに、『ドラえもん』より『キテレツ大百科』の方が話は面白いかも。

キテレツ大百科は面白いよな。というか、ブタゴリラというキャラが良すぎる。

◆『エスパー魔美』

中学生の超能力少女が人知れず空を飛び、人助けや事件解決に大活躍!さわやかな正義感と思春期のドキドキがいっぱいのSFジュブナイル

そんな中でも『エスパー魔美』は今回初めて読んだんだけど、ハンパなく面白い。 魔女っ子、ドジっ子、天然、お色気、みたいな要素がふんだんに盛り込まれてて大興奮。 藤子先生が天才すぎる(*´ω`*) http://twitpic.com/1t43m8

山本弘のBlogに影響されて、藤子・F・不二雄先生の『エスパー魔美』http://bit.ly/dtU9C4 を購入。改めてちゃんと読んだことがなかったので、大人になって読むと、本当に面白い漫画だなぁ。よく出来たSF。魔美は愛らしいし、相棒の高畑くんのキャラクターも良い。

『エスパー魔美』も買った。やっぱり超面白い。隣の家の少女が魔美ちゃんだったらワスはどうすればいいのだろう?

1 2