1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

49球で降板も『投手大谷翔平』の復帰が嬉し過ぎる

実に88日ぶりとなる投手復帰は49球を投げて降板となりましたが、また一つベーブルースを超えました。今後の活躍が楽しみです。

更新日: 2018年09月03日

6 お気に入り 12546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・実に88日ぶりとなる投手復帰が決まった

「試合の中でどのくらいの完成度で投げられるのかは自分の中でも楽しみ。復帰前よりも良くなることを期待している。ゲームの中でも成長していきたい」

マイク・ソーシア監督は地元メディアのインタビューで期待を明かし、大谷について「彼は野球が大好きなんだ」と話している。

・そしてついにその日がやってきた

・降板するまでの投球詳細

0-0で迎えた3回。マウンドに戻った大谷は、先頭ケンプをフルカウントから7球目76.7マイル(約123.4キロ)の外角スライダーを見極められて四球

続くアルトゥーベは1ボール2ストライクから4球目80マイル(約128.7キロ)スライダーで二ゴロに打ち取ったが、ここでソーシア監督が登場。49球を投げて降板となった。

・仕方ない、次があるの声多数

今日の大谷投手は普通ならリハビリ登板1試合目に投げるようなものです。 力が入って制球が定まらないのは当たり前のことだし、3回途中で49球は想定内です。

大谷翔平選手、3回途中降板で2失点 怪我からの復帰初戦を考えれば及第点 今後に期待 藤井聡太君は現在は序盤 今日の対戦相手はタイトルホルダーの強豪 決着は今夜遅い時間に 楽しみです

さすが岩手日報、仕事早いですな。早くも、今日の大谷翔平選手登板結果を伝えています。勝敗付かずってやつね。とはいえ、失点2なら上出来でないかと。3ヶ月ぶりの登板なんですから。

大谷翔平の今日の記録 2回と1/3で 2安打2四球2奪三振2失点 スライダーもストレート抜けたり引っ掛けたりして、ボール球が多かった。まだ完全復活とはいかないけど、ただ三振も取れてるから、球筋自体は悪くないんだろう。これからが楽しみだ。

・しかし、こんな記録を達成していた

初回を19球で無失点に抑えたところで、二刀流のスターは再びメジャー史にその名を刻んだ。

MLB公式ツイッターによると、1シーズンで15本塁打を放ち、かつ投球回が50イニングスに達したのは、1919年のベーブ・ルース以来の快挙だという。

そうなると1つの記録として気になり始めるのが、“先代”二刀流ことベーブ・ルースが1918年に残した、「投手として13勝、打者として11本塁打」という記録です。

・打撃好調の大谷翔平、後は投手としての本格復帰に期待

1 2