1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

全編PC画面『search サーチ』も!10月公開のおすすめ「サスペンス映画」

2018年10月公開のおすすめ「サスペンス映画」5作品のまとめ。デンゼル・ワシントン『イコライザー2』、実在の犯罪者一家の脱獄劇『プリズン・ランペイジ』、サスペンススリラー『アンダー・ザ・シルバーレイク』、全編PC画面『search サーチ』、日中合作『心魔師』。

更新日: 2018年10月25日

14 お気に入り 6461 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『イコライザー2』(10月5日公開)

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。

タクシードライバーとして働く元CIAエージェントのマッコール。ある日、親友で唯一の理解者である元上官スーザンが殺害され、怒りに震えるマッコールは極秘捜査を開始する。

前作に続きフークア監督がメガホンを取り、メリッサ・レオとビル・プルマン、ドラマシリーズ「ナルコス」などのペドロ・パスカルらが共演。

【試写】『#イコライザー2』相手の力を吸収し、まるで掃除でもするかのように無表情に敵を倒す佇まい、怒りを通り越した冷酷無比な目の表情はデンゼルにしかできない。先日、未公開のオスカー候補作「ローマンという名の男」(太めのオタク弁護士)を観たばかりだったので、その役幅の広さに脱帽だ。 pic.twitter.com/5HzQHXpEYl

『イコライザー2』試写。アントワーン・フークア監督のアクション映画には本当にシビレる。今回もデンゼル・ワシントンのキレキレの19秒アクションに惚れぼれ。前回は描かれなかった主人公の過去が鍵になっていて興味深い。そして、情に厚い描写も大好き。

◆『プリズン・ランペイジ』(10月12日公開)

テレビシリーズ「BONES」のドワイト・H・リトル監督が、かつて全米を震撼させた実在の犯罪者一家の脱獄と逃走劇を描いたクライムサスペンス。

1978年の夏、囚人のゲーリーとランディはアリゾナ州刑務所からゲーリーの息子たちの協力を得て、見事、脱獄に成功する。ベテラン捜査官クーパーの追跡を振り切り、一行は血みどろの逃避行を繰り広げるが...。

『ターミネーター2』の敵役で話題を呼んだロバート・パトリック、『オースティン・パワーズ』『ハングオーバー!』のヘザー・グラハム、『いちご白書』のブルース・デイヴィソンなど、豪華キャスト競演でも話題。

◆『アンダー・ザ・シルバーレイク』(10月13日公開)

「イット・フォローズ」で世界的に注目を集めたデビッド・ロバート・ミッチェル監督が、「ハクソー・リッジ」「沈黙 サイレンス」のアンドリュー・ガーフィールド主演で描いたサスペンススリラー。

サラにひと目惚れしたサムだったが、彼女は突如失踪。サラの部屋の壁に書かれた奇妙な記号を発見したサムは、暗号や都市伝説の知識を総動員して彼女の行方を追うが……。

謎の美女を『グッド・ドクター 禁断のカルテ』などのライリー・キーオが演じた。

先日、「アンダー・ザ・シルバーレイク」試写で見せて戴きました。ちょっと長いけど、悪夢か白日夢のようにアンドリュー・ガーフィールドと共に裏ハリウッドを地獄巡りをしていく映画で自分は充分楽しみました。「イットフォーローズ」の監督です。

映画「アンダー・ザ・シルバーレイク」(10/13公開)試写。「イット・フォローズ」監督。姿を消した女性、暗号に陰謀説…ロスの街が魔界になる、マルホランド・ドライブ的世界。だるだる〜なアンドリュー・ガーフィールドがあれ?カッコイイ(笑) #eiga #アンダー・ザ・シルバーレイク pic.twitter.com/TNi9C6Djfm

◆『search サーチ』(10月26日公開)

全編、PCの画面上で展開する斬新さと巧みな語り口が話題を集め、サンダンス映画祭観客賞を受賞したサスペンス・スリラー。

行方不明になった娘を捜して、彼女のPCにログインした父デビッド。だが、そこに映し出されたのは、別人のような娘の姿だった……。

「スター・トレック」シリーズのスールー役で知られるジョン・チョウが、娘を捜す父親デビッド役を演じた。Googleグラスだけで撮影したYouTube動画で注目を集めた27歳のインド系アメリカ人、アニーシュ・チャガンティが監督を務めた。

1 2