1. まとめトップ
  2. カラダ

歯磨きだけでリスクが79%減少!?「がん予防」に関する情報アレコレ

歯磨きをしっかり行うだけでがんのリスクが減少するというデータがあるようです。その他、ガン予防に役立つアレコレをご紹介します。

更新日: 2018年09月04日

62 お気に入り 40061 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■最も怖い病気である「がん」

生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らないことも多いのではないでしょうか。

ガン(癌)は日本人にとって身近で怖い病気です。2人に1人がかかり、3人に1人がガンで亡くなっているという実態があり、誰しもガンにはなりたくないと考えています

日本人にはあまり知られていない不可解な事実がある。先進国の中で日本だけ、がんの死亡数が増加し続けている

子宮頸がんの検査に来たけどドキドキ~大事なことだからちゃんと受けなきゃだよね痛がりの私には怖いけどお母さんに言ったらあんなの痛くないじゃんって笑われた~

乳首のかゆみはやっぱ保湿で良くなったけど 次は反対の胸が痛い、にゅ、乳がんじゃないよね?乳がんの注射してないから怖い

癌怖いなぁ... 気をつけようにも癌だけは予防法が分からん。 体鍛えてる人でも関係なく発症するからなぁ

絶対乳がんになりたくないがんで死にたくない

■がんは「予防できる」病気

がんは、禁煙や食生活の見直し、運動不足の解消などによって、「なりにくくする(予防する)」ことができる病気です。

しかし、それらを心がけていても、がんに「ならないようにする」ことはできません。

日本で発生したガンのうち、男性では半分以上(ガン発生の58%、ガン死の57%)、女性でも約3分の1(ガン発生の28%、ガン死の30%)が予防可能だったとされている

喫煙、食事、ストレス、運動など日常生活を振り返ることで、がんになりにくくする、すなわち予防することができます。

■なんと「歯磨き」で予防することができる

歯磨きが1日1回未満だった人は、1日1回以上磨く人よりもがんになるリスクが79%も上昇した。

口の中が歯垢や歯石で汚れていたりすると口腔がんが発生しやすくなります。つまり口腔がんの予防で大切なことは、かかりつけの歯科医を持って、定期的な診療を受けること

効果が薄い歯磨きを続けていると、虫歯や歯周病になりやすいだけでなく、歯ぐきが下がる、口臭が出る、さらには、免疫力低下や歯周病菌が原因となる全身病のリスクが高まる

1日2回以上歯磨きをする人は、1日1回の人よりさらにがんのリスクが18%低下

ムシ歯の適切な治療、こまめな入れ歯の調整、ムシ歯や歯周病を予防するためのクリーニングなどを受けることでお口の中は清潔に保たれ、口腔がんのリスクを下げることにつながる

口の中には無数の細菌が いて、なかにアルデヒトなどの有害物質を発生させる細菌もいる。歯磨きによって口腔内の細菌量をコントロール することで、ガンを予防していると考えられる。

■大腸がんは肥満回避、運動、節度のある飲酒

大腸がんの発症を抑えることがほぼ確実であると科学的に実証された方法は、(1)肥満回避(2)運動(3)節度ある飲酒です

大腸がんは、高生存率の3つの要素である「早期発見が可能、進行が遅い、治療法が確立している」を全て満たすがんです

内視鏡検査を徹底することで確実に予防することができます。

英国の科学者らはこのほど、キャベツやブロッコリー、ケールといった野菜が腸でがんの発生を食い止めるメカニズムを発見した。

米国がん研究協会(AICR)による評価報告書で、赤肉、加工肉の摂取は大腸がんのリスクを上げることが「確実」と判定

1 2