業界最大手の東京書籍によると、約40年前に使われていた小学3年生の国語、算数、理科、社会の教科書の重さは計約990グラムだったが、現行版では計約2150グラムになるという

出典文科省「置き勉」を認める通知へ 3割の子どもが「ランドセルで痛み」も

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

原因はランドセル?近年、腰痛に悩む小学生が増えている

ゆとり教育の廃止以降、年々、小中学校で使用する教材はページ数が増加傾向にあり、通学で使用するカバンやランドセルの重量化が進んでいます。その弊害によって、腰痛に悩む子供も年々増加しています。

このまとめを見る