え、トイレより汚い…!?おうちに潜む「菌のたまり場」

キッチン、寝具、スマホなど、おうちで日常的に触れる機会が多いものほど、思った以上に菌だらけになってることが…ほっておいてトラブルにつながる前に、気をつけておきたいものをまとめました。

更新日: 2018年09月08日

44 お気に入り 63340 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

軽視しがちなのが「キッチン」で

「温度」「湿度」「栄養」など、菌が好む環境が整っておりトイレより汚いとされてる。

常に水と熱を使い、人の皮脂だけでなく、食材や調味料と、栄養源がたっぷりあるキッチンは、菌の繁殖にうってつけの場所

トイレより雑菌が多いのは…「キッチン」。最も清潔そうな場所が最も汚かったのだ。そして、雑菌がついた手で色んな場所を触ることで広がってしまう

(花王生活者研究センターによる調査)

使用後しっかり乾かすか、定期的な交換を視野に。

常に濡れている食器洗い用のスポンジの菌は、なんと便座の20万倍とか。スポンジの表面は、2.5cm2あたり約100万もの菌がいるそう。カビ、大腸菌、黄色ブドウ球菌など、菌の種類もさまざま

スポンジを頻繁に取り替えることを勧める。なぜなら、スポンジは「清潔にするのが難しい」から

1~3週間を目安に取り換えましょう。

毎日触れている「寝具」も

寝てる間にはおよそコップ3倍分の汗をかき、シーツは毎日それを吸収しているとされてる。

新品のシーツで一晩寝ると、シーツの菌は4倍以上に増えていることがわかりました。さらに1週間使い続けると菌の数は11倍~12倍に

(P&Gによる調査)

汚れた枕を長期間使用し続けると頭皮のニキビや抜け毛、頭皮湿疹などの頭皮トラブルを引き起こす恐れがあります。匂いが頭皮に染みつくと、体臭がきつくなる恐れがあり、日常生活にも悪影響を及ぼします

できれば各々週に1回から2週に1回くらい「干せるといいな」くらいの大らかな気持ちで心がけておけると良いでしょう

また、身近な存在の「スマホ」は…

スマホは常に私たちの側にありどこにでも連れて行くので、菌を拾うことは避けられない。スマホの汚れが顔や口に伝染することを理解している人は少ない

長電話をするならイヤホンを使うこと、そして除菌シートでスマホを定期的に拭き、使う都度、可能な限り細菌を除去すること

特に、ラバーやシリコンなどゴム製のケースを使っている人は、しっかりとしたお手入れを。

とくに気をつけたほうがいいのが、ラバー素材のカバー。メタルやガラス、プラスティックのものより菌がこびりつきやすいのだそう

1