梗塞組織に選択的に遊走・生着し機能的な心筋細胞に自発的に分化することで心筋梗塞サイズの縮小と心機能の回復がもたらされ、さらに他家細胞(ドナーのMuse細胞)であっても半年以上の長期間にわたり効果が持続する

出典他家Muse細胞の点滴静注による急性心筋梗塞の修復再生治療法の可能性~梗塞組織修復再生と心機能回復をもたらす画期的修復再生治療を目指して~ - 国立大学法人 岐阜大学のプレスリリース

自身のmuse細胞じゃなくても問題ありません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世紀の発見!脳梗塞や腎障害などを改善する「muse細胞」が凄い

muse細胞は2010年に東北大学の出澤真理教授のグループによって発見されました。現在マウスなどの実験にて脳梗塞や腎障害などの再生を促すことが証明されており、人体への利用が急がれています。

このまとめを見る