1. まとめトップ

知らずのうちに老け顔になってる!? スマホが招く老化とは

日々の生活に欠かすことのできないスマホ。実は、肌老化の原因となることをご存知ですか?ここでは、スマホが招く老化についてまとめました。スマホをよく使っている人はぜひ読んでください!

更新日: 2018年09月04日

4 お気に入り 1004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jrwnsvfhさん

深刻化するスマホ依存!!

スマホ中毒、ながらスマホなど、スマホに関係する問題が連日ニュースとなっています。

スマートフォンの保有率は56.8%(2016年度。総務省統計)。爆発的普及の裏で、この文明の利器が車や自転車をたやすく“動く凶器”に変える危険を軽視してはならない。

スマートフォン依存症(スマートフォンいぞんしょう)とは現代社会で患っている者が多くなっている依存症。

社会問題だけでなく、肌の老化にも!?

スマホの使用が肌にも影響することがわかり、問題となっています。特に、ブルーライトへの注意が促されています。

ブルーライトは紫外線よりも肌の奥へと入り込んでしまうと考えられており、そのため色素沈着を起こしやすいと言われています。

肌の老化を早く招いてしまう可能性もあるといわれています。

ブルーライトが及ぼす影響

目に疲れや痛みだけでなく、シミやシワの原因となると言われています。
また、眠る直前にスマホ使用すると睡眠にも影響するのだとか。

直進する性質を持っているブルーライトは、シミやシワの原因となる紫外線B波よりも肌の奥に
到達して、紫外線B波で作られたシミよりも肌に残りやすい色素沈着やシワの原因となると
いわれています。

真皮より奥の深層部まで到達するというブルーライトの特性上、強力に細胞を破壊する活性酸素
といわれる「一重項酸素」という、肌の弾力を保つ組織であるコラーゲンやエラスチンなどの
肌組織を破壊してしまう活性酸素の生産を促す原因になるといわれています。

スマホを使う際は

目を休める時間を作ることが重要。これは、スマホ依存の防止にもつながります。

寝る前に目を蒸しタオルであたためるなどして、1日に積み重なった目の疲労をリセットするようにしてください。さらに、日頃からスマホを長時間続けて使うことはしないように心がけましょう。

ブルーライトをカットする効果のあるメガネを使ったり、スマホの画面にシートを張るなどして対策しましょう。

今や、かなり一般的に周知されているブルーライトをカットするレンズを使用した眼鏡をはじめ、パソコンやスマホに貼る保護フィルムなどがあります。

最後に

スマホ老化は、日常生活に潜む老化の原因の一つです。知らず知らずに老化していくので、しっかり対策をするようにしましょう。

参考に利用したサイト

1