1. まとめトップ

安くてもおいしくて食卓の味方☆鰯(イワシ)

昔から安い魚の代名詞のようにされてきた鰯(イワシ)のグルメ情報紹介です。

更新日: 2018年09月04日

1 お気に入り 204 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

イワシ、昔は下魚なんて言われてましたが大変美味です。

moepapaさん

鰯(イワシ)とは

イワシ(鰯・鰛・鰮)は、狭義には魚類ニシン目ニシン亜目の複数種の小魚の総称である。
日本で「イワシ」といえば、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指し、世界的な話題ではこれらの近縁種を指す。ただし、他にも名前に「イワシ」とついた魚は数多い。古くは女房語で「むらさき」とも呼ばれる。
日本を含む世界各地で漁獲され、食用や飼料・肥料などに利用される。

「イワシ」の語源については各説ある。陸に揚げるとすぐに弱って腐りやすい魚であることから「よわし」から変化したとの説(漢字の「鰯」がこれに由来したとする)のほか、「賎し」や貴族の食べ物ではない卑しい魚という意味で「いやし」に由来するとの説など諸説ある。
食用以外にも魚油の採取、養殖魚や家畜の飼料、肥料などの用途がある。

イワシは、海に隣接する領域をもつほとんどの文化において主要な蛋白源の一つである。日本では刺身、塩焼き、フライ、天ぷら、酢の物、煮付けなどにして食用とする。稚魚や幼魚はちりめんじゃこ(しらす干し)、釜あげ(釜あげしらす)や煮干しの材料になる。欧米でも塩焼き、酢漬け、油漬け、缶詰(アンチョビ)などで食用にされる。水揚げ後は傷みやすいので、干物各種・缶詰・つみれなどの加工品として流通することが多い。

おいし過ぎるイワシ料理

よく煮つけると骨まで食べられ最高です。
梅で臭みをとって、旨味をふくらませることも。

食用油と合わせておいしいので、オイル漬けにしたりも。

蒲焼にしてタレでいい味つけて、まるでウナギのようにも☆

1 2 3