1. まとめトップ

開発時に大変便利な統合開発環境

通常のテキストエディタと違い、エディタ機能はもちろんのこと、ファイル管理機能や、ショートカットキー機能や、ま たファイルのバージョン管理機能等、単体のファイルを作成する目的でなく、複数ファイルを扱うプロジェクトのための開発ツールです。

更新日: 2018年09月04日

1 お気に入り 95 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

開発時にはどれかは必須ですね。

moepapaさん

統合開発環境とは

統合開発環境(とうごうかいはつかんきょう)、IDE (Integrated Development Environment) は、ソフトウェアの開発環境。
従来、コンパイラ、テキストエディタ、デバッガなどがばらばらで利用していたものをひとつの対話型操作環境(多くはGUI)から利用できるようにしたもの。最近のIDEには、GUIアプリケーション開発のための迅速なプロトタイピング (RAD) が可能なものが多い。統合開発環境を使うことによって、巨大かつ複雑なソフトウェアでも、作成者に負担をかけることなく開発することが可能になる。

Eclipse

Eclipse(「イクリプス」または「エクリプス」)は、IBMによって開発された統合開発環境 (IDE) の一つ。高機能ながらオープンソースであり、Javaをはじめとするいくつかの言語に対応する。Eclipse自体はJavaで記述されている。

名称のEclipseとは「食(蝕)」の意の英語で、日食や月食を指すが、Javaを開発した米Sun Microsystems(太陽)とは無関係である。

機能統合環境にプラグインとしてさまざまな機能を組み込むことができるよう設計されている。その拡張性は非常に高く、Java開発環境自体が標準添付のプラグインとして実装されているほどであり、プラグイン次第でC++やPHP、Perl、C#、D言語、TeX、Python、Ruby、JavaScript、COBOL、AspectJ、Mathematica など多様な言語への対応が可能となっている。

プラグインはJavaで記述され、プラグイン開発環境自体もEclipseに標準で付属している。これは、Emacsがその主要機能を搭載したLISP言語で記述できることと対比できる。LISPの代わりにJavaを用いるEmacsのようなものなのだと例えられることもある。

数多くのアドオンもあり、拡張性は抜群です。

Visual Studio

Microsoft Visual Studio(マイクロソフト ビジュアル スタジオ)はマイクロソフトのソフトウェア開発製品群およびそれらを管理する統合開発環境である。

Visual StudioはMicrosoft社が開発しているIDEです。高機能かつ柔軟で、ひとつの画面だけであらゆる機能を使って開発を進めることができます。

2018年の人気IDEランキングでも一位になっているくらい、世界的に人気のあるIDEです。

PaizaCloud

PaizaCloudは、paizaが提供しているクラウド型開発環境サービスです。ブラウザを開くだけでエディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が完了、OSの種類やバージョンなどに関係なくすぐに開発を進めることができるため、商用利用から初心者の学習・研修などにもおすすめです。

LAMP、Ruby on Rails、JSP、Djangoなどベーシックな環境が設定済みですが、それ以外のツールも追加インストールが可能です。またクラウド型開発環境サービスとしては珍しく、UIはもちろんエディタやターミナルなども完全日本語対応しています。

1