1. まとめトップ

心当たりない?「ダイエットが続かない人」の6つの特徴

ダイエットを頑張ろうと思っても、全然長続きしない……と言う人は多いのでは?ダイエットが続かない人の6つの特徴と、三日坊主にならないためのコツをまとめました!

更新日: 2018年10月10日

3 お気に入り 6659 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mugi-chaさん

◆とりあえず食事の量を減らす

よく考えずにとりあえず食べる量を減らしていませんか?

摂取カロリーを減らすと必ず基礎代謝は下がってしまいます。
これはどう頑張っても避けられないです。

基礎代謝が下がる=太りやすく痩せにくくなる。

部分痩せをしたいなら一度たりとも無理のある食事制限をしてはいけないのです。なぜなら、無理な食事制限をするとホルモンバランスが崩れるからです。

ホルモンバランスが崩れると女性らしさを損なうかも…。

食事制限によるデメリットを回避するためには、急な食事の減量、無理なスケジュールでの食事制限を避けることです。

無理な計画を立てるのではなくて今ある環境の中で栄養バランスを偏らせずに食事制限をする事が大事です

低カロリーで高栄養なものを食べるのがポイント!

◆自分に合っていない無理な運動をする

頑張るぞ!と意気込んで、いきなりハードな運動をしていませんか?

「踏み台昇降がイイ」と聞けば雑誌をまとめて踏み台を作って30分くらいやった
「ウォーキングがやっぱり最強」と聞けば、深夜に急に30分くらい近所をウォーキング
でも、どれも続かない。

あるある、って思いませんでした?

オフィスや学校内での移動に階段を使うとか、家の掃除をこまめにするとか、運動以外の日常の動きを多くすることを心掛けると、習慣的にカロリー消費を多くすることができます。

ハードな運動で挫折するよりもよっぽど効果的です♪

まずは「つらく感じない」比較的負担の軽い運動をちょっとずつ続けましょう。楽しくなれば、体を動かすことに抵抗が少なくなり、ダイエットも成功します。

◆頑張る日と頑張らない日がある

たまに頑張るけど毎日はやらない、なんてことになっていませんか?

食欲を我慢しすぎる反動で、「今日くらいいいよね?」などと少しの気のゆるみから急に過食に走ってしまい、結局ダイエットが失敗に終わることも・・・。

ダイエットのスタートは「簡単そう」「できそう」と思うことからはじめるのがいいと思っている理由、それは、ダイエットしている生活を「習慣化」させていくためです

当たり前にすれば辛くない。もうこれにつきます。
毎日同じことを続けていれば、その状態に慣れるので、全然辛くないんですよ。

歯磨きは毎日しても全然辛くないですよね。
それと同じように、簡単なレベルから習慣化してみましょう!

◆体重を気にしすぎている

体重ばかり気にしたり、ほんの少しの変化で一喜一憂していませんか?

数字ってとても分かりやすいですし、私たちは数字を見れば納得する生き物なので、体重が減っていれば喜ぶ。増えていたり停滞していれば不安になる。

「今日もこれしか減っていない」「全然変わっていない」「逆に増えてる?!」なんて毎日のように考えてしまうとダイエットする意欲が減ってしまう原因にもなってしまうのです。

ダイエット中に体重を測る事は「無駄」であると考える。それは技術的なメリットよりも精神的なデメリットのほうが大きいからだ。

体重は1日で大きく減ることはないので、毎日測ると変化がないと思いこみがち。

極論を言うと、体重が減らなくても理想の体型になればそれでいいですよね?なので、ダイエットの時は自分の体型を鏡などでチェックするようにしましょう!

目に見えない数値よりも、見た目の美しさを重視しましょう♪

◆目標が高すぎる

いきなり「1か月で10キロ痩せる」とか「毎日10キロ走る」みたいな目標を立てていませんか?

「1カ月に15kg痩せる!」なんて目標を立てていませんか?
1カ月に10kg以上太ることは簡単なことなのですが、痩せるとなるととても難しいことなのです。

目標達成が無理そうだと思ったその瞬間から、ダイエットに対するモチベーションは一気に下がってしまいます。

1 2