1. まとめトップ

愛の言葉 謙虚な愛は最も恐ろしい力である

どんなにこんにゃくで 挫けそうめん とん汁ことさ 必ず最後にあいすてぃー

更新日: 2019年02月27日

7 お気に入り 3734 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

どんなに困難で 挫けそうでも 信じることさ 必ず最後に悪は勝つ

ポケナイさん

AMOR OMNIA VINCIT

愛は全てにうち勝つ

Omnia vincit Amor et nos cedamus Amori

愛は全てを征服する。そして、愛に屈服せよ。

私は我が魂よりも、我が祖国を愛する

ニッコロ・マキャヴェッリの言葉

Love’s not Time’s fool, though rosy lips and cheeks
Within his bending sickle’s compass come;
Love alters not with his brief hours and weeks,
But bears it out even to the edge of doom.

出典『The Sonnets』William Shakespeare

愛は時に弄ばれる道化ではない。たとえ、その曲った鎌で薔薇色の唇や頬が台なしにされてもだ。
慌ただしく月日が流れても聊かも変わらず、世界の終焉の間際まで毅然として耐えてゆくもの、それが愛だ。

Our love was new, and then but in the spring,
When I was wont to greet it with my lays;
As Philomel in summer's front doth sing,
And stops her pipe in growth of riper days:

出典『The Sonnets』William Shakespeare

二人の愛が新しい頃は、言わば春の中にいたわけで、私もよく歌をうたって愛を称えはした。
ちょうど、夜鶯が夏の初めにはさえずるけれど、季節も深まればうたいやめるようなものだ。

愛は、愛する対象を、自分と比較していかに尊ぶかによって区別することができ、またはそう区別する方が正しいと思われる。愛の対象を自分以下に考える場合は単なる情愛をもっているにすぎない。同等に考える場合これは友愛と呼ばれ、以上に考える場合、この情念は献身的愛と呼びうるのである。

出典『情念論』ルネ・デカルト

人の心を征服するものは、決して武力ではなく、愛と寛容である

出典『エチカ』バールーフ・デ・スピノザ

人は、愛すべきかどうかと尋ねる。それは尋ねるべきことではない。感じるべきことだ。

出典『愛の情念について』ブレーズ・パスカル

愛する相手の欠点を美点と思わぬ者は、本当に愛してるとは言えない

出典『箴言と考察』ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

人間はその狭い本性の中に、愛と憎しみという二重の感情を必要とする。人間は昼と同様、夜を必要としないだろうか。

出典『タッソー』ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

SCRISSE
AMO
VISSE

書いた
愛した
生きた

人間の心は、愛情の高みを登りつめると休息を見出すが、憎しみの感情の急勾配を下るときは、めったに止まらないものだ

出典『ゴリオ爺さん』オノレ・ド・バルザック

宇宙をただひとりに縮め、ただひとりを神にまでひろげること、それがすなわち愛である。

出典『レ・ミゼラブル』ヴィクトル・ユーゴー

But our love it was stronger by far than the love
Of those who were older than we—
Of many far wiser than we—
And neither the angels in Heaven above
Nor the demons down under the sea,
Can ever dissever my soul from the soul
Of the beautiful Annabel Lee

出典『Annabel Lee』Edgar Allan Poe

だが私たちの愛は、はるかに強い愛だった
もっと大人の愛よりも
知恵で上回る愛よりも
そして天国にいる天使にも
海の底の魔物にも
この私の魂は、美しきアナベル・リーの魂から
切って離せるものではない

愛する者はとどまりつづける。愛の中にとどまり、その愛に自分をおく。それによって、愛の関係がなおもとどまることを証しする。彼が愛にとどまることによって、彼の愛はなおもとどまりつづける・・・・・・。

出典『愛のわざ』セーレン・キェルケゴール

愛を通じてわれわれは理解する

リヒャルト・ヴァーグナーの言葉

貴方がたとえどんなことをなさろうと、僕がたとえどんなに罵られようと、僕は生涯、貴方を愛し崇拝します

出典『初恋』イワン・ツルゲーネフ

愛は人間を平等にする

出典『白痴』フョードル・ドストエフスキー

永遠に愛しうる唯一の存在

出典『悪霊』フョードル・ドストエフスキー

愛は全てを贖い全てを救う

出典『カラマーゾフの兄弟』フョードル・ドストエフスキー

謙虚な愛は最も恐ろしい力である

出典『カラマーゾフの兄弟』フョードル・ドストエフスキー

愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである

出典『小英雄』フョードル・ドストエフスキー

愛してはいないが、愛することを愛している。

レフ・トルストイの言葉

万一、全ての人間が、自分自身を愛するのではなく、他人を愛するならば、全世界は幸福になるでしょう

レフ・トルストイの言葉

あなたはあたしを愛したことがない。あたしに恋してるって状態を楽しんだだけ。

出典『人形の家』ヘンリック・イプセン

愛がなければ真の幸福はなく、愛があれば、全くの、永続的な不幸などは決してありえないからである。

出典『眠られぬ夜のために』カール・ヒルティ

愛がなければ、この世界は、どんなに多くの自然美や芸術や学問が存在していても、まことに惨めな、不満足なものにすぎないだろう。人間は賢明であればあるほど、ますます強くこのことを感じ、いち早くそれがわかるに違いない。

出典『眠られぬ夜のために』カール・ヒルティ

愛に対しては、人はただいつも心を開いていさえすればよい。愛は神の霊としてこの世界に満ち満ちている。ところが我々は、愛に対して我々の心を閉ざす力をも持っており、長い年月の習慣からと遺伝的素質の結果、絶えず多かれ少なかれ、愛を拒んでいる。我々は愛を学び練習しようと努力する必要はない。ただ誤った哲学や狭い享楽欲によって、愛に対して心を閉ざしさえしなければよいのである。

出典『眠られぬ夜のために』カール・ヒルティ

あなたは絶えず、そしてできるだけ多く、愛の種を蒔かねばならない。あなたが学校教育を終えた後は、それがあなたの生涯の仕事である。
全ての種が芽を出すとは限らない。といって、全ての種が、石ばかりの地面に落ちて無駄になるわけではない。

出典『眠られぬ夜のために』カール・ヒルティ

1 2 3

関連まとめ