1. まとめトップ

【浮気を許すと決めた】浮気を許した後に待ち受ける心理的葛藤

大好きな人から受けた裏切りはあなたを悲しみのどん底に落としましたね。それでも、パートナーを許すことにしたあなた。とてもお強いです。浮気を許した後に待ち受ける心理的葛藤をまとめました。

更新日: 2019年04月12日

20 お気に入り 93204 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大好きな人から受けた裏切りはあなたを悲しみのどん底に落としましたね。それでも、パートナーを許すことにしたあなた。とてもお強いです。浮気を許した後に待ち受ける心理的葛藤をまとめました。

kapipandaさん

パートナーの浮気を許した・・・

そんなことはないはず。と信じていたい気持ちから、
何も言いませんでした。
ただ怖かったのかも・・・。

ある日突然、彼から浮気してた。
後悔してる。
やり直したい。と泣いて謝ってきました。

許すまでにはいろいろありましたが、
もう一度やり直すことにしました。

たぶん皆さんはそんな男やめたほうがいいというんだと思います。

私もそう思う。

頭と心が一致しない・・・

許したからと言って、全部を許せるはずもなく。

全部ひっくるめて、許して、もう一度やり直すって決めたんだから、もう考えないようにしようと思うんだけど、
頭と心の思いが、一致しなくて、つらいです。

頭では分かっている。
彼の行動から、私のことを好きだということを。

でも、心が痛い。

ふとした時に蘇ってしまう…ネガティブな感情

許すまでにケンカしたり、距離おいたり、本当に色々ありました…
でも、彼しかいないと思い許しました。

でもね、時々ふと寂しくなります。

彼は私の気持ちを取り戻そうと努力してくれてるけど、
その優しさを他の女にも、見せてたんだと、すごくネガティブな気持ちになります…

大きなケンカするたびに、許さずに別れてればよかったと…

何もないときは、本当に大好きなんです。

好きなのに生理的に受け入れられない・・・

他の人と関係を持ったという、

事実が生理的にどうしても許せない時期がありました。

だから触れられることすら汚らわしいというか、

この手で他の人と、。と考えたんです。

私なら絶対にできないって。

浮気されたことは、あなたが思っている以上に深い傷になる

彼の浮気が忘れられない、フラッシュバックして涙が出る、苦しい…。私が悪かったの?私がもっと早くに気づけていたら…。

浮気されたことは、自分で思っているよりも心に深い傷をつけています。心の傷が治るのには、とても長い時間がかかります。

浮気を許すのは、きっと一番辛くて大変なこと

浮気を許すのは、一番辛くて大変なことです。
だって、大好きな彼氏が他の女性と逢瀬をしていたのですから。
その現実を受け入れるまでにかなりの時間がかかったことでしょう。

「どうして浮気をしたの?」
「私に魅力がないから?」
「もう嫌われてしまった?」
なんて、自分を卑下するような気持ちになったはず。

そのように相手が悪いはずなのに自分までも悪かったように感じてしまうんです。

浮気を許すには、大きな覚悟がいる

ものすごく、辛くて不安定なのが解る。

だけどさ、浮気を許したのは、あなたやね?

その時に、『絶対許さない!』とせずに、
関係を築き直そうとしたんやね?

だけど、本当は許せてない。
忘れたくても、忘れられない。

その思いは、解るよ。

解って、あえて、厳しい事言うわね。

ごめんな、汚らしい表現で・・・。

浮気って、ただ、パートナーの体を知ってる人が一人増えただけで、

相手の心や、愛情や、生活そのものは、
あなたの元にあるのよね。

あなたが辛く悲しい思いするのは、
馬鹿げてる。

もちろん心療内科とかで、苦しい胸の内を話せば、
もしかしたら、楽になるかも知れないね。

だけどね、安定剤や眠剤で、感情コントロールすんの、
あんまり、よくないよね??

ここは、強くならないと乗り越えれない。

大丈夫。自信をもってくださいね。あなたは愛されてるから

『許す』と決めた以上、許さなしゃんない。
イヤなら別れたらええんやもん。

それをせず、許したんやから、思い出す事はあっても、
『許したんや。水に流したんや。』って自分に言い聞かせてきた。

大事な事は、浮気した人を、また信用することやないの。
浮気した人を、もう一度、愛する事なのよ。

あなたしか知らない、あなたにしか見せない姿が、
今、そこにいるんやから、も一回、自分に自信を持って、
胸を張って、相手と向き合って欲しい。

私が変われば、相手も変わった。

大丈夫。

戻ってきてるんやから。 愛されてるから。

心の傷はきっと癒えます。あなたはこんなに苦しんで、頑張って向き合おうとしているのですから…

1 2 3