1. まとめトップ

爪の縦線は普通なの?!縦線ができる原因と対策まとめ~

爪に縦線ができたら、心配しますよね。健康な詰めはつるつるで筋など入っていないはずです。その縦線の正体と改善する方法をまとめましたので、ぜひご参考に!

更新日: 2018年09月06日

2 お気に入り 73081 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

爪に縦線が現れたら体になんかあるではないかと思いますよね。縦線ができる原因と対策をまとめました。

爪の縦線は普通なの?

爪の縦線は誰にでも見られ、病気ではありません。一般的には年齢とともに目立ってくるようになります。

爪甲の縦の筋は爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)といいます。誰にでも認められるのですが、20歳代ではほとんど目立ちません。しかし、加齢とともに目立つようになります。50歳代ぐらいからは増加し、爪甲縦条は目立つようになります。病気のサインではありませんので、心配することはありません。

爪の縦線の原因

爪の縦線の原因は乾燥と老化らしいですね。爪が乾燥する原因は水仕事やマニキュアのし過ぎ、紫外線や過度のダイエットによる栄養不足等様々です。爪が乾燥する原因と対策を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧になってください。https://kenko-bijn.com/7912

爪の筋には大きく分けて、縦の筋と横の筋の2つです。縦の筋に関しては老化や乾燥が原因なのですが、横の筋に関しては老化に加えて体に疲労がたまっている可能性があります。

縦線の原因は、主に乾燥と老化です。乾燥することで老化を早めることになります。

また年齢を重ねると、爪の縦線が深くなりやすいため、爪に栄養を与えるお手入れも必要となります。この状態がさらに深刻になると、ヒビが入ったり割れたりしてしまうので要注意です。

中高年層に多く見られる 中高年層に多く見られる爪の細かい縦線は加齢によるもので、老化現象を表し、30歳を過ぎると誰にでも見られます。年をとるにしたがって、細胞分裂のスピードが遅くなりますので、つめの伸びるスピードも遅くなります。 しかしながら強い縦線が現れ、爪がわれるようなら血行障害などが疑われます。

爪の縦線を改善する方法

対策としては、ハンドクリームを爪の周囲の皮膚や指先まできちんと塗るようにして、皮膚にも、もみ込むようにこまめに塗りましょう。その後、ネイルオイルを爪や爪周囲に塗って潤わせると乾燥防止に効果的です。

指をマッサージすることで血行が良くなり、新陳代謝をアップさせ爪のターンオーバーを促します。爪の両はしを反対の手の親指と人差し指で挟んでキュッキュと揉むだけ。ネイルオイルやハンドクリームと併用するといいでしょう。

水回りの家事をする時は、なるべくぬるま湯を使うようにすると効果的です。
食器洗い洗剤などは、爪や皮膚の負担になりますので、できればゴム手袋を着用して家事をするようにしましょう。

爪が紫外線を浴びると、乾燥しやすくなると言われています。
外出の際は手袋を着用するなど、できるだけ紫外線による乾燥を防ぐように配慮しましょう。

黒い縦線にはガンの疑いも?!?

爪の変化の中で最も怖いのは、黒い縦線の出現です。短期間で急に太くなったり、爪を超えて皮膚まで拡大したら、皮膚がんの一種である「メラノーマ(悪性黒色腫)」が疑われます。

表皮(皮膚の表面)の色素細胞である『メラノサイト』が癌化した悪性のものです。これはがんの一種なので、放置しおくと大変危険です。
〈メラノーマの初期症状〉
ほくろや内出血に似た1~2mm程度の黒い点があらわれます。転移もほとんどありませんが、進行していくと4mm程度に大きく成長します。

爪に黒い線ができたらすぐに皮膚科へ

爪に黒い縦線ができたら、すぐに皮膚科で診てもらいましょう。

ネイリストとして仕事をするジーン・スキナーは、ある日、自身のサロンを訪れた女性客の爪に「黒い縦線」があるのを発見。
当の女性客はとくにその線に深い意味があるとは思っていなかったようで、ジーンにマニキュアをぬってカバーして欲しいとお願いしたのだが、違和感を覚えたジーンは、この女性客にすぐに病院に行くことをすすめた。
それから数週間後、女性客からジーンのもとに連絡があり、医者に診てもらったところ、爪の黒い縦線は皮膚がんの一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)であったことを報告。しかも非常に進行が早いタイプで、すでにリンパ節にも転移していたという。

1