1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スマホから削除・・・最近の「Facebook離れ」が深刻すぎる

Facebookの成長が鈍化。若者のユーザー離れがついに本格化しています。

更新日: 2018年09月07日

22 お気に入り 101639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

米国でFacebook離れが加速中

米国で顕著な「Facebook離れ」が起こっているとの調査結果が発表され、世界的に話題になっている。

米国のフェイスブックユーザーのうち42%が、過去12か月の間にフェイスブックを「一時的に利用しないことがあった」と回答

(別の調査では)米国の13~17歳を対象に実施。フェイスブックの利用者は51%にとどまり、2015年に実施した前回調査に比べて20ポイント減少した。

今年1~3月期に米国とカナダのユーザーが初の減少に転じ、その後は再び増加していたが、世界的には成長が鈍化しつつある。

第2・四半期決算(6月30日まで)では、月間アクティブユーザー数(MAU)と売上高が予想を下回った。

若者たちの間では、YouTubeやインスタの利用が増加

調査に参加したティーンのうち、85パーセントがYouTubeを、72パーセントがInstagramを、69パーセントがSnapchatを、51パーセントがFacebookを利用していると回答した。

写真や映像を共有するのであればSnapchatやInstagramが選ばれているという事情もあります。

昨年には、データの不正利用問題で批判が殺到

Facebookでは、5000万人分のユーザーデータが不正利用されるなど、信用を失うような不祥事が発生しています。

政治・選挙関連データ分析企業のケンブリッジ・アナリティカが、5,000万人分ものFacebookユーザーのデータを不正利用した問題

「スマートフォンのFacebookアプリを削除した」と回答したユーザーも「18歳~30歳未満」がトップの44%となっており、若い年齢層ほどFacebook離れの傾向が強い

もはや、Facebookにはおじさんおばんさんばかり?

シニアに最も利用されているSNS(ソーシャルネットワークサービス)はFacebookという説が定着しています。

これを裏付けるデータのひとつに、ソニー生命保険が2013年9月に発表した「シニアの生活意識調査」があります。

・投稿すべてに「いいね!」をつけてくる・「おはようございます。今日も一日元気で頑張りましょう!」などの無関係なコメントをしてくる

若者世代にとって大人世代のFacebookの使い方は奇異に映るため、「Facebookおじさん」がネタになるというわけだ。

親も利用しているアプリを“ダサい”と考えずに使い続けたいかどうか。これこそがフェイスブックが直面した問題だった

SNSでは様々な声が上がっています

最近FacebookのタイムラインがFacebookおじさんsに支配され始めていて危機。

アクティブユーザー少ないよねー|「アメリカ人のFacebook離れ」が加速していることが判明 - GIGAZINE gigazine.net/news/20180906-…

1 2