「超えてゆく風景」展(ワタリウム美術館)、いろんな議論があるみたいだけど、ゼロ年代以降の対立軸だったA系(アキバ系、オタク系=梅ラボ)とB系(B-boy系、ストリート・不良系=TAKU OBATA) の融解というか共存・同居と考えると、日本社会の新しい風景として刺激的なんではないか。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歌川広重から密教美術まで!10月開催の「美術展覧会」

2018年10月開催中の注目の展覧会まとめ。太田記念美術館『没後160年記念 歌川広重』、ワタリウム美術館『超えてゆく風景』、すみだ北斎美術館『北斎の橋 すみだの橋』、出光美術館『仙厓礼讃』、サントリー美術館『京都・醍醐寺—真言密教の宇宙—』。

このまとめを見る