1. まとめトップ

【えっ、いきなり海外転勤!?家買ったばかりなのに・・・】海外赴任するときに注意したい持ち家の管理方法

せっかく家を買ったのに、海外転勤が決まってしまった!2~3年は帰って来れない・・・そんな時に一番迷うのが持ち家の管理方法です。大切なマイホームを守るためにも、注意したい事をまとめました!

更新日: 2018年09月07日

0 お気に入り 7836 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

えっ・・・いきなり海外赴任!?家買ったばかりなのに・・・

海外赴任が決まった時、持ち家をどうするかというのは、非常に悩ましい問題だと思います。管理人のように賃貸住まいであれば、契約解除ということで何ら悩むことはないのですが、自宅を購入している人の場合、どんなふうに管理すればいいのかというのは大問題です。

海外赴任を打診された。まだハンガリーから戻って半年も経って無いし、持ち家計画やら子供の今日行くなど色々とあるので悩む。帰ったら奥さんと相談しよう。

空き家か、貸すか、売却か・・・

持ち家を長期間(2年以上)空ける際の選択肢は空き家か貸すか、売却か、選択肢は3つです。

空き家

メリット

1.一時帰国や海外赴任期間終了後、スムーズに自宅へ戻ることができる。
2.第三者に貸した場合に予測されるトラブルがないため、精神的に安心できる。

デメリット

・言えば急速に傷んでしまう
・留守宅管理を頼むと費用がかかる
・電気代や管理費、固定資産税など支払いは続く

持ち家の方の悩み。賃貸に出すか、空き家にするか。うちも悩みましたが、私の病気のこともあり、急遽帰国になった際に住む家がないのは大変なので、空き家にするという選択をしました。

他に売る、貸すという選択肢がありましたが、空き家にするのを選んだ理由は以下です。

・数年で帰ってくるので、家を開ける期間が短い
・日本への出張の際に家でくつろげる
・家の荷物を片付けなくて良い

荷物を片付けなくて良いというのが一番の決め手です。

私は、17年ほど前に持ち家を建てましたが、実際に住んだのは6年だけです。

その他は、国内転勤や海外赴任で、空き家です。

幸いなことに、会社の制度で、転勤/海外赴任が原因の空き家に対し結構な額の補填を受けています。10年でローンを払い終えているので、今やその補填は収入の一部になっていますw

賃貸に出すのは大変なので、転勤中マンションは空き家にしておくことにしました。時々、母が換気や掃除にいってくれていましたが、1年経過したあたりから申し訳なくなり、空き家管理の業者を利用しました。固定資産税や住宅ローン、管理費に加えて管理業者への依頼料も増え、金銭的負担がとても大きかったです。任期も2年伸びてしまい、結局5年もの間マンションを空き家にしておくことになってしまいました。日本に帰ってきたときに大々的なリフォームをして今も住んでいますが、出費がかなり痛かったため、海外赴任前に売却して日本に帰って来たときにまた新しい家を探せば良かったな、と後悔しています。

家を貸す

リロケーションとは、転勤の間に留守になる自宅を管理してくれる、不動産会社のサービスのこと。一般的に、空き家になる家を賃貸として管理運営したり、また空き家のまま管理するなどのサービスを行います。
空き家を賃貸運営する場合には、入居者の募集、賃料収入の管理、契約・更新の代行、入居者からのクレーム対応、解約時の敷金精算、帰任するときの明け渡し手続き、リフォームなどさまざまなわずらわしいことを代行してくれます。ですから、貸すほうとしては、定期的に振り込まれる家賃収入を銀行通帳でチェックするだけでOK。

メリット

・家賃収入として毎月不労所得が入る
・住宅の管理を心配しなくて済む
・自宅を貸す期間を決めることができる
・借主とのトラブルに悩まされない

デメリット

・通常の賃貸よりも収益性が低くなる
・借り手が決まらないリスクある
・原則、貸主からの契約解除はできない

4月にシンガポールに赴任で来ました。
たぶん5年くらいの駐在になるかと思います。

新築で5年住んだ戸建の持ち家は、賃貸に出しました。
1番の理由は、賃貸料でローン返済がまかなえるからです。

自宅のある場所が芸能人や政財界の方が多い地区で、賃貸料が一般的会社員が自費で払える金額ではなく、賃借人は個人でなく法人契約が前提でした。

面倒だから空き家でもいいかなー(会社から空き家の場合は管理料ぐらいは
補助が出たので)と思っているところに、近所に5年間の駐在から戻ってこられた
方がいて。同じく一軒家ですが、近居にご両親がおられたので空き家にして
帯同されたと。

で、どうでしたか?と伺ってみると、5年も経つとライフスタイルも変わるし
趣味も変わる。赴任時には大事だからと置いて行ったものがゴミにしか
思えない。赴任先をやっとの思いで片付けて帰ってきたら、ゴミでいっぱいで、
赴任先で購入したものを押し込むために、また一から引っ越しのような作業が
待っていてウンザリしたーと。

それを聞いて、諦めて賃貸に出しました。

私は賃貸に出しました。
弟に貸主代理になってもらいました。
貸家にしても空き家にしておいても痛む事は同じです。
お金の面では大変な違いがあります。
築5年の東京の一戸建てです。

私の場合は、マンションで、人に貸しています。この前契約更新されたので、あと2年。帰国した時にどうなっているか心配ですが、壁紙の全張り替えなどはすでに見込んでいます。それでも、人に住んでもらう方が家にもいいし、家賃収入もあるので。

5年弱我が家を賃貸しに出して海外に行きました。

帰国したら傷んでましたよ。自分の家ならこういう使い方はしないな、というくらい。
業者も簡単な清掃ですませてましたから、結局自費で改装しなければ無くなりました。

※※リロケーションが相談できる不動産会社一覧※※

1 2