1. まとめトップ

ビタミン注射って実際どうなの?疲労回復や美容に効果アリ?メリット・デメリットなどをまとめてみた!

美容クリニックなどで受けることができるビタミン注射(にんにく注射やプラセンタ注射もビタミン注射)を知っていますか?「注射」と聞くと怖いですよね!一体どんな効果があるものなのか、メリットやデメリットを丸っとまとめてみました!

更新日: 2018年09月07日

3 お気に入り 3463 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ビタミン注射って一体何!?

ビタミン注射もにんにく注射と同じくビタミンB群とビタミンCとを効率よく、効果的に配合した注射です。にんにく注射に比べビタミンCを高濃度に配合してあります。

タバコを吸われる方はニコチンがビタミンCを破壊するので通常の約1.5倍必要になりますので、特におすすめです。

短時間で済むので仕事の休憩時間や買い物の途中など、気軽に受けられます。

※ビタミン注射はこんな時におすすめ!

● 疲れがたまっていても、仕事が忙しくて休みが取れない方
● よく寝ているのに全然疲れが取れない方
● ダルさがなかなか抜けない方
● 二日酔いや肝臓が弱っていると感じる方
● スタミナを補給したい方
● 肌荒れが気になる

ビタミン注射の種類

ビタミン注射の種類は受けるクリニックによって違いますが、「ビタミン」「プラセンタ」「にんにく」という3種類が一般的です。

◆プラセンタ注射

ヒトの胎盤からつくられる細胞増殖因子プラセンタを体内に直接注入する療法。

胎盤には細胞分裂を促進させる成長因子やアミノ酸が豊富です! このプラセンタの働きによって、新陳代謝が活発化され、肌や体の傷ついた部分がどんどんと修復されます。

具体的な効果としては、、美肌・美白(肌荒れ、シミ、シワ、くすみなどの改善)作用、アレルギー病(アトピー性皮膚炎、アレルギーによるかぶれ、ぜんそく、リウマチなど)の改善、にきびの改善、更年期障害の諸症状(のぼせ、ほてり、ふらつき、めまいなど)の改善、自律神経失調症(冷え性、便秘、耳鳴りなど)の改善、肝炎・肝機能障害の改善、胃・十二指腸潰瘍の改善、高血圧・糖尿病などの生活習慣病(成人病)の改善が期待出来ます。

◆にんにく注射

ビタミンB1などが主成分で、このビタミンB1の構成成分の中に含まれる硫化アリルがにんにく臭のすることから、にんにく注射と呼ばれています。

血行も良くなり、新陳代謝が高まる事で全身に蓄積された疲労物質を体外に排出させます。

非常に効果が早く出るので、トライアスロンなど持久力を必要とするスポーツをする人には、特に好まれています。最近は、にんにく注射がかなり人気になり、都心部で気軽に利用できます!

ビタミンB1は「精神的ビタミン」と言われる位、神経組織には必要不可欠なビタミンであり、このビタミンが多い人は穏やかな性格とまで言われています。最近ではプロスポーツ選手や芸能関係の方々がこのにんにく注射をしている事で話題

◆ビタミン注射

ビタミンC注射は、免疫力を高め風邪などへの抵抗力をつけるなどの健康作用や、肌のハリ感アップ、シミ・そばかす防止、肌荒れやニキビの改善に効果があります。ビタミンB1注射は、疲労回復やストレスの緩和に効果があります。高濃度ビタミンC点滴は、血中のビタミンC濃度を超高レベルに上げることにより、シミ・肝斑の防止、ニキビの改善、アトピー性皮膚炎などのアレルギー肌の改善、シワ・タルミの予防、肌の保水力を高めハリのあるみずみずしい肌へ導くなどに効果があります。また高濃度ビタミンC点滴には、疲労回復、風邪予防、生活習慣病や老化の予防など、免疫力を高める効果もあります。

ビタミン注射のメリットとは?

メリット1:即効性

ビタミン注射は、炭水化物や糖分を分解しエネルギーに変えるのを助ける効果があります。また、乳酸などの疲労物質のエネルギー転換を行う事で、疲労回復を効果的に早めます。やつれ・疲れなどを早く取りたい方にお勧めです。

メリット2:栄養素を直接注入できる

ビタミン注射とは文字通り、ビタミンを注射で摂取する方法になります。

ビタミン注射で静脈に注射して直接栄養成分を注入することによって、
経口摂取するよりも効率的にビタミンを摂取することができるようになるとされています。

ビタミンは熱に弱く、料理などの熱ですぐに失われてしまう栄養素の一つです。

また、サプリメントも飲んだ量がそのまま栄養素として体の中に届くかというとそうではありません。

途中で分解してしまったり、吸収されずに尿として排出されたりしてしまいます。

実は取れているようで取れていない栄養素、それがビタミンなのです。

メリット3:副作用がない上に、色々な症状にアプローチできる!

ビタミンCは美肌効果・コレステロールの減少・免疫力の向上。

ビタミンB1は疲労回復・ストレスの緩和。

ビタミンB2は肌のターンオーバーの促進・ニキビ・口内炎・口角炎などの予防。

ビタミンB5はビタミンCの働きのサポート。

ビタミンB6はニキビの予防・脂肌の改善・動脈硬化の予防・口内炎、口角炎の予防・免疫力の向上。

ビタミンB12は悪性貧血の予防・動脈硬化の予防・腰痛肩こりの緩和・集中力と記憶力の向上。

ビタミン注射のデメリットとは

デメリット1:注射をしなければならない

ビタミン注射は注射で直接ビタミンを注入する方法ですが、注射をしなければならないというデメリットがあります。

注射嫌いな人にとっては、かなりのデメリットになるはずです。

1 2