1. まとめトップ

【日本人の薄毛の30%以上がAGA!?】知っておきたいはげの原因と注目されているAGA治療法

はげに悩む人は実に約3人に1人。また、はげに悩む人のうち30%以上の原因はAGAだと言われています。一体なぜはげてしまうのか?またどういう治療をすれば良いのか?AGA治療は本当に良いのか?について情報をまとめてみました!

更新日: 2018年09月07日

1 お気に入り 84 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国民の約3人に1人がはげに悩んでいる!?

株式会社毛髪クリニックリーブ21が2015年に行なった「頭髪悩み度」調査によれば、日本全国に薄毛人口は男性で約39.5%、女性で20.8%、推定約3,960万人いるという結果となりました。

2015年の国民の総人口が約1億2,000万人ということを考えると実に3人に1人が薄毛に悩んでいるという事になります。

はげの原因とは?

薄毛や抜け毛の原因は1つではなく、複数の要因が複雑に絡み合っています。それらひとつひとつを正確に把握してくことが、的確な治療への第一歩となるのです。

脱毛症の種類

・先天性無毛
・男性型脱毛症(AGA)
・瘢痕(はんこん)性脱毛
・炎症性脱毛
・症候(しょうこう)性脱毛
・薬物性脱毛
・栄養障害による脱毛
・トリコチロマニー
・脂漏(しろう)性脱毛
・粃糠(ひこう)性脱毛
・円形脱毛

遺伝子が原因の先天性のものもあれば、不規則な生活や頭皮への外傷、薬の副作用、ストレスなど様々な原因がAGAを引き起こします。

その中で一番多い原因が男性型脱毛症(AGA)です。

特に「タバコ」「食生活」「睡眠」「ストレス」は脱毛に大きくかかわる生活習慣なので、しっかりと対策しておくようにしましょう。

男性型脱毛症(AGA)って一体何?

AGA( エージーエー)とは「Androgenetic Alopecia」の略称で男性型脱毛症をいいます。

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人*、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。

AGA(男性型脱毛)とは、成人男性によく見られる脱毛の一種で、思春期以降に、頭頂部や前頭部が薄くなっていくのが特徴です。

進行性の脱毛であるため、放っておくと毛髪は徐々に薄くなっていきます。このAGAで悩んでいる方の数は、全ての脱毛の中で最も多いといわれています。

◆男性型脱毛症(AGA)の症状

【AGA(エージーエー)の主な症状】

(1)抜け毛が多い
(2)毛が細くなった
(3)毛が伸びない
(4)地肌が透けて見える
(5)髪のセットがしづらくなった
(6)頭皮が脂っぽい
(7)髪が少なくなることが不安である

AGAの見た目の特徴としては、生え際やつむじからだんだんと症状が進行していくという点が挙げられます。

AGAは発症してすぐ薄毛になるわけではなく、「初期症状」を経て徐々に薄毛になっていきます。
先ほど説明をしたように、AGAは毛の成長期が短くなって発症するため、AGAの具体的な初期症状は、「抜け毛の量が増える」「髪質が細く柔らかくなる」「髪の毛のハリが感じられなくなる」などの形で現れます。

◆男性型脱毛症(AGA)の診断基準

AGAには、特徴的な脱毛パターンもあります。日本では、皮膚科医の高島巌氏が作成した高島分類が用いられています。高島分類は、欧米で用いられているハミルトン・ノーウッド分類を日本人流に修正した分類です。

J・B・ハミルトン医師、O・T・ノーウッド医師らによって作り上げられた以下のような分類表で、全世界でAGAの診断基準として使われています。

第一段階:レベル1・レベル2・レベル2(Vertex型)
第二段階:レベル3・レベル3(Vertex型)・レベル4
第三段階:レベル5・レベル6・レベル7

高島分類

高島分類はハミルトン・ノーウッド分類に、日本人に多いVertex(頭頂部)からのハゲをプラスしたものです。

AGAの初期症状には主に「抜け毛の量が増える」「髪の毛のハリがなくなる」という2つの特徴があります。

これらの初期症状を感じ出したら、AGA(男性型脱毛症)を疑いましょう。

◆男性型脱毛症(AGA)の年齢別発生時期

日本人男性のAGA発症頻度は20代で10%程度、30代で20%程度、40代で30%程度、50代以降では40%程度と、年齢とともに高くなる特徴があります。症状も年齢とともに進行し、20代~30代にかけて著明になり徐々に進行して40歳代以降に最終的な状態になります。

◆男性型脱毛症(AGA)になる仕組み

AGA(男性型脱毛症)の原因はヘアサイクルの乱れ

髪は4〜6年周期で生え変わります。

この周期のことをヘアサイクルと呼びますが、5αDHT(ディハイドロテストテロン)という協力な男性ホルモンによって、ヘアサイクルが乱されることによりAGA(男性型脱毛症)は発生します。

1 2