1. まとめトップ

【#海外サッカー】NEXTメッシ?! NEXTエムバペ?!「ゴールデンボーイ賞2018」の候補発表

『ゴールデンボーイ賞』とは…03年に、イタリアのスポーツ新聞社『 Tuttosport 』によって設立された、欧州シーズン中で20歳以下の選手を対象に、最も印象的な若い選手に与えられる賞。欧州の登竜門の位置づけ。

更新日: 2018年09月12日

1 お気に入り 6137 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakatanotoraさん

過去のノミネートと受賞者

<過去の受賞者>

2003年:ラファエル・ファン・デル・ファールト(当時アヤックス)
2004年:ウェイン・ルーニー(当時マンチェスター・ユナイテッドFC)
2005年:リオネル・メッシ(FCバルセロナ)
2006年:セスク・ファブレガス(当時アーセナルFC)
2007年:セルヒオ・アグエロ(当時アトレティコ・マドリード)
2008年:アンデルソン(当時マンチェスター・ユナイテッドFC)
2009年:アレシャンドレ・パト(当時ACミラン)
2010年:マリオ・バロテッリ(当時マンチェスター・シティFC)
2011年:マリオ・ゲッツェ(ボルシア・ドルトムント)
2012年:イスコ(当時マラガCF)
2013年:ポール・ポグバ(当時ユヴェントスFC)
2014年:ラヒーム・スターリング(当時リヴァプールFC)
2015年:アントニー・マーシャル(マンチェスター・ユナイテッドFC)
2016年:レナト・サンチェス(当時バイエルン・ミュンヘン)
2017年:キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマンFC)

ゴールデンボーイ候補者60選手は以下の通り

No.1:カルレス・アレニャ(FCバルセロナ)

名  前:カルレス・アレーナ・エルカスティーヨ
国  籍:スペイン
生年月日:1998年1月5日(20歳)
身  長:180cm
体  重:73kg
所  属:FCバルセロナB
ポ ジ ション:OMF/CMF
経  歴:FCバルセロナ・カデッテA
     FCバルセロナ・フベニールB
     FCバルセロナ・フベニールA
     FCバルセロナB
代表経歴:U-16スペイン代表
     U-17スペイン代表
     U-19スペイン代表

2005年にFCバルセロナのスクールに入団

2005年にFCバルセロナのスクールに入団すると、2015年にFCバルセロナBに昇格し、8月29日、ダビド・バブンスキとの交代中出場でセグンダ・ディビシオンBデビューを果たした。11月24日、UEFAユースリーグ 2015-16のASローマ戦で初得点を記録した。

切れのあるターンで相手のバランスを崩し、縦に突破するドリブル

もうひとりのカルレス・アレニャは、まだフィリアル(バルサB)の選手だが、トップチームで起用されたわずかな時間でも、その才能の片鱗を見せ付けている。アレニャの武器のひとつが、切れのあるターンで相手のバランスを崩し、縦に突破するドリブルだ。バルサに欠けているスペースへパスを出す能力も備えている。

ムルシア戦ではセントラルでプレーしたアレニャだが、バルサBではサイドアタッカーとして出場することが多い。ビッグマッチでメッシと共に活躍するアレニャの姿が見てみたいところだ。デニスもアレニャもバルサのDNAを持つミッドフィルダーなので、彼らがこのまま順調に成長すれば、アスルグラナの中盤は今後も安泰だ。

No.2:トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプールFC)

名  前:トレント・ジョン・アレクサンダー=
     アーノルド
国  籍:イングランド
生年月日:1998年10月7日(18歳)
身  長:175cm
体  重:68kg
所  属:リヴァプールFC
ポ ジ ション:右SB
経  歴:リヴァプールFCユース
     リヴァプールFC U-18
     リヴァプールFC
代表経歴:U-16イングランド代表
     U-17イングランド代表
     U-18イングランド代表
     U-19イングランド代表
     U-21イングランド代表
     イングランド代表

抜群の攻撃性能とスピードを持つ98年生まれのスカウサー

抜群の攻撃性能とスピードを持つ98年生まれのスカウサー。プレーは若武者ながら無骨さがなくスタイリッシュ。いい意味でスカウサーらしくないが、その実かなり負けん気が強く、果敢なタックルや思い切りのいいフィニッシュなど、怖いもの知らずの爽快なプレーからは随所にリバプールっ子らしさを感じる。

精度・威力ともに傑出したクオリティを誇るキックの能力

アカデミー時代はCMFで育ったこともあって視野が広く、ボールスキルに優れている。最大の武器は精度・威力ともに傑出したクオリティを誇るキックの能力。攻撃面での技術やアイデアは、先輩のナサニエル・クラインをすでに凌駕するレベルにある。

白眉なのは鋭く速いクロスで、リバプールの攻撃陣は高さこそなく空中戦は不得手だが、卓越したポジショニングと爆発的なスピードでマーカーを振り切れるので、低空で速いクロスは相性抜群。

No.3:ケルヴィン・アミアン(トゥールーズFC)

名  前:ケルヴィン・アミアン・アドゥ
国  籍:フランス
生年月日:1998年2月8日(20歳)
身  長:179cm
体  重:78kg
所  属:トゥールーズFC
ポ ジ ション:右SB
経  歴:バルマSC
     トゥールーズFC B
     トゥールーズFC
代表経歴:U-17フランス代表
     U-18フランス代表
     U-19フランス代表
     U-21フランス代表

No.4:ウサン・アウアル(オリンピック・リヨン)

名  前:ウサン・アウアル
国  籍:フランス(アルジェリア)
生年月日:1998年6月30日(20歳)
身  長:175cm
体  重:70kg
所  属:オリンピック・リヨン
ポ ジ ション:CMF
経  歴:オリンピック・リヨンU-19
     オリンピック・リヨンB
     オリンピック・リヨン
代表経歴:U-17フランス代表
     U-21フランス代表

中央でプレーするが、サイドでもプレーできるなど汎用性の高いミッドフィルダー

中央でプレーするが、サイドでもプレーできるなど汎用性の高いミッドフィルダー。技術的な高さは勿論、その創造性に溢れたプレーは見るものを楽しませる。 自身のモデルとしてはレジェンドであるジネディーヌ・ジダンと、クレマン・グルニエを挙げており、彼らから多くのインスパイアを受けた。

No.5:ムサ・バロウ(アタランタBC)

名  前:ムサ・バロウ
国  籍:ガンビア
生年月日:1998年11月14日(19歳)
身  長:183cm
体  重:77kg
所  属:アタランタBC
ポ ジ ション:CF
経  歴:アタランタBC・プリマヴェーラ
     アタランタBC
代表経歴:U-23ガンビア代表

得点ランキング首位の彼の得点力は驚異的ですでに15試合で19得点もあげている

2016年の夏にイタリアに来た彼の名前はムサ・バロウだ。ガンビア出身の19歳FWだ。毎日5回、祈りをささげる敬虔なイスラム教徒の高校生だ。(イタリアの中等教育は19歳まで)

現在プリマベーラ(イタリアユースリーグ)得点ランキング首位の彼の得点力は驚異的ですでに15試合で19得点もあげている。しかもその得点内訳のうち、4得点が1試合で2得点が6試合という脅威の得点率だ。2位のトリノ所属のカルロ・ブティッチが11得点ということからもその凄まじさがわかる。

市場価値が2500万から3000万ユーロ(約32億7000万円から39億2000万円)

バローに対してはインテル、ユヴェントスのイタリア勢に加え、ドルトムントやチェルシーなども獲得を目指しているようだ。

中でもチェルシーは次節ラツィオ戦でスカウトを派遣するとみられており、市場価値が2500万から3000万ユーロ(約32億7000万円から39億2000万円)とされる期待の若手の引き抜きに全力を注ぐ構えのようだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9