1. まとめトップ

15万人のライダーが集結…圧巻の『ハーレー115周年』イベント

15万人のライダーが集結したハーレー115周年イベント。一方で歴史のあるハーレーダビッドソンといえど、これからは時代に合わせた計画も。ハーレーのイメージが変わるかもしれない。

更新日: 2018年09月08日

1 お気に入り 987 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・ハーレーダビッドソンが115歳の誕生日を迎えた

1903年の創業以来、ハーレーダビッドソンが本拠を構える米国ウィスコンシン州ミルウォーキーでは、節目ごとに盛大なイベントがおこなわれている。

5年刻みの周期で開かれ、115周年を迎えた今年は8月29日~9月2日の5日間に述べ15万人のライダーが集まった。

全米からはもちろん、国境を接するカナダやメキシコからも押しかけ、バイクに国旗を掲げていたり、背中に地名の入ったワッペンを背負っていたりするから、どこから来たのかすぐにわかる。

もっと注目すると、ブラジルやヨーロッパ各国、日本や台湾、インドネシアなどの地名も。まさに世界中からハーレー好きが集結しているのだ。

・今さら聞けないハーレーダビッドソンとは?

ハーレーダビッドソン (Harley-Davidson, Inc.) (H-D、またはハーレー)は、アメリカ合衆国のオートバイメーカー。

ウィスコンシン州ミルウォーキーにて、ウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビッドソンが自転車用バイクエンジンの開発を行う。そこにアーサーの兄ウォルター・ダビッドソンが加わり、「ハーレーダビッドソン第1号」が誕生した

1989年(平成元年)8月に日本法人のハーレーダビッドソンジャパンが設立され、正規販売を行なっている。

・日本ではつい先日、2019年モデルが発表されたばかり

virginharley.com/topics/topics2… 8月22日に行われたハーレー2019年モデル展示・撮影会のレポートです。注目はソフテイルのニューモデル「FXDR 114」です。それにしても攻めたデザインだ! pic.twitter.com/c86WhgT3eT

ハーレーダビッドソン ジャパンは、2019年モデルのハーレーダビッドソン全37モデルを発表し、8月23日より全国の正規ディーラーで予約販売を開始した。

注目の新モデルである「FXDR 114」は、1868ccのMilwaukee-Eight 114エンジンを、ソフテイルの軽量シャシーに搭載。エアエレメントむき出しのL字型のエアクリーナーボックスや、斜めに切り落とされたようなテール周り、ロングホイールベースで低重心なスタイリングなど、ドラッグレーサーのようなデザインを纏う一方で、アルミ製のスイングアームやサブフレーム、ダブルスポークの軽量ホイールなどを採用し、俊敏なハンドリングを実現させたという。

新型では日本語ナビが使えるようになり、オーディオなど各種操作も日本語でできる。Apple CarPlayへの対応もユーザーとしては喜ばしいところで、iPhoneをブルートゥースかUSBでライン接続すれば、対応アプリをタッチパネルで操れる。

オプションのワイヤレスヘッドセットで音声認識機能を使えば、電話への対応やSiriを起動させることも可能だ。

・Twitterでみかけた「わたしのハーレー」

2002年式 Harley Davidson FXDL ローライダー納車されました‼︎! ニンジャ250からの乗り換えです! こんなに早くハーレーに跨がれるなんて夢のようです…! バイク好きな方フォローお願いします #バイク乗りと繋がりたい pic.twitter.com/lfUw4HnJAe

本日兄のハーレーが納車されました やっと兄弟ライダーになれました卍 pic.twitter.com/biDvgB8SZU

・さらに「HARLEYプラチナカード」も発表された

ハーレーダビッドソンジャパンは、国内最上位クレジットカード「HARLEYプラチナカード」を、ジャックスが新たに発行すると発表! 二輪車ETC高速料金が常に5%割引、「ハーレー認定レンタルバイク」の基本料金が20%割引など、ハーレーオーナーに嬉しい特典付き〜‼︎ s.response.jp/article/2018/0… pic.twitter.com/VXMOkY7DoG

ハーレーダビッドソンジャパンは、国内最上位クレジットカード「HARLEYプラチナカード」をジャックスが新たに発行すると発表

HARLEYプラチナカードは、ハーレーダビッドソンのオーナーを中心に、特別な特典を提供するカードで、二輪車ETC高速料金が常に5%割引となる。

加えて、24時間365日会員をサポートするコンシェルジュサービス、国内外 850を超える空港で利用できるラウンジサービス、海外・国内ともに最高1億円の旅行傷害保険を付帯、そのほかMastercardの提供する“Taste of Premium”の優待サービスなどを付帯している。

・今後はハーレーの概念が変わるかもしれないこんな計画も

1 2