1. まとめトップ

【本当は怖いタワーマンション】「高層階病」がやばい!!

タワーマンションが人気だが、高層階に住む人がかかる病気が話題になっている!!特に子供を持つ家庭は注意したいかもしれない!

更新日: 2019年05月23日

8 お気に入り 49430 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

so_aoiさん

タワーマンション

タワーになってるマンションのことです。

略して「タワマン」とも。

高層階病って何??

上層階居住者に起こる、さまざまな健康障害のこと。

どんな症状があるの??

① 体の不調!!

耳鳴り、めまい、不眠の症状が出やすく、関節痛、腰痛を訴える人が多くなっているという。

タワマンは、地震の力を分散するために、揺れやすい構造になっており、常時わずかに揺れており、それが健康障害を引き起こすと言われている。

ロケーションにもよるところですが、近くに工場地帯や高速道路がある場合、排気ガス、光化学スモッグ、排煙の被害が報告されています。

高層階になればなるほど揺れやすくなっていることから、車などに酔いやすいといった三半規管が弱い人にとっては、日常、揺れやすい環境から苦痛に感じることが多いとのことです。

② 精神疾患にもかかりやすくなる!!

鳥や虫の鳴き声、雨の音などの自然の音から遮断されることによる情緒障害になるケースも少なくないという。

「高層階の住人は富裕層が多いため、その直下の低層階に住んでいると、『上と比べれば自分はたいしたことない』といった劣等感を抱きやすい。それが慢性的なストレスを生み、健康を害する可能性」

住んでいる人同士のマウンティングでストレスを感じ、鬱などを発症する人も・・・。

マウンティングは自分の優位性を相手に示そうとする行為です。動物の縄張り争いだとか、ボスの座争いなどでやることも。

← ゴリラとかもよくやってますね。

③ 流産・死産の確率が飛躍的に上昇!!

1階~2階で約6.0パーセント、3階~5階で8.8パーセント、6階以上で20.88パーセント、というように、高層階居住によって流産、死産の割合が高まっているというものでした。

何かあって救急車呼んでも、高層階だと救急隊がたどり着くまでにとても時間がかかります。

④ 子供の成長にも悪影響

・高層階 ⇒ 外に出ない ⇒ 低体温になりやすい

・高層階 ⇒ 外に出ない ⇒ 体の発育・運動能力の成長に悪影響

・高層階 ⇒ 窓も締め切られて無菌状態 ⇒ 免疫が弱くなる

・高層階 ⇒ 窓も締め切られてダニなども発生しやすい ⇒ アレルギーを発症しやすい

海外ではタワマン入居には規制も

イギリスでは、育児世帯は4階以上に住まないように規制されるなど、「高層階病」の認識も普及しているという。

タワマンを買っちゃうのは田舎者

湾岸エリアのタワマンを買う人は少ない。このエリアの以前の姿をよく知っているからだ。お台場が東京だと憧れる、「東京を知らない地方の人」が買うのがタワマンなのである。

⇒ 湾岸エリアは工場や倉庫などの跡地だったり、ゴミの埋め立て地。

要するに田舎出身者が大半で、田舎における「でかい」「高い」「上にある」「キラキラしている」という単純でわかりやすい指標を引きずった人々なのです。

湾岸エリアは住みにくい

店が少ないので不便。交通アクセスも良くないし、災害の時は電車がストップすれば「陸の孤島」。電気が止まれば外にも出られない。自家発電装置はあるが2~3日しかもたない。地震で液状化するし、おまけに津波がきたら一巻の終わり。資産価値も暴落。タワマン乱造で、人口が急に増加したので学校も医療機関も足りてない。

まだまだあるタワマンのダメなとこ

1 2