庇ってくれたのは姑だけで、田舎で長男様様な地域であるにも関わらず高卒で家から放り出された。
弟や妹はお金をかけて習い事や素晴らしい学歴や留学経験さえもあるのに、あきらかに差別して育てられたと丸わかり。

そこで努力して努力して、外見にコンプレックスのある旦那は人前に出なくてもいい、給料の稼げる仕事に就き、
私と出会って紆余曲折の末交際→結婚話へ。
高校卒業後、全く実家に帰っていないというぐらい旦那と義実家との溝は深かったのだけど、
さすがに結婚の挨拶ぐらい…とうちの親が言うので向こうの家族に会ったら、これがもう
これがまた凄かった。

旦那の話を信じていないわけじゃなかったけど、舅はモラハラセクハラDVコンボ。
旦那の外見をあげつらって、こんな男でいいのかと平気で言う。何度も。
それだけでも我慢できないのに、ムネと尻をがっつり触られた。息子の嫁は自分が勝手に使ってもいいんだとさ。

びっくりしすぎた私は義実家で大暴れ、旦那と舅は取っ組み合い、姑は泣いてふたりに取り縋って、
もうぐちゃぐちゃ。挨拶どころじゃなかった。

この時、義弟は既に奥さんと死別していて仕事が忙しくて不在、義妹はまだ結婚していたけれど
都合がつかなくてこれまた不在だった。

上記の件で、私は義実家と絶縁。ただ、舅の暴力や経済DVの対象になっている姑だけは見捨てられず、
旦那が時々電話で様子を見るって話で落ち着いていた。

次へ