長男の嫁なのに義実家に寄りつかんで、とちくちく言う人もいれば、
あの舅さんじゃあねぇ…旦那くんよう頑張って立派になって…という人と半々だった。
跡取り要員だった義弟には子供がいなくて奥さんの死後再婚話もなく、義妹は子供を取り上げられての
離婚だったそうだ。昔は華やかなお坊ちゃんとお嬢様だったけど、姑の葬式で久しぶりに帰ってきた
旦那の方が年収も高くて肩書きもよかったからね。
多分、舅が甘やかした結果なんだろうと思う。

田舎なので葬式の後は義実家の大広間で集まって食事をしたんだけど、親戚のおじさんを
車で送りに旦那が席を外すと、舅がからんできた。(これは迂闊だったとあとで謝罪された)
お酒も入って気が大きくなったんだろうな。
周囲がたしなめると激昂して怒鳴られた。こっちも姑のために我慢していたのに腹が立って言い返すと、
義弟にビールをかけられた。大笑いする舅と義弟はそっくりな顔で、ああこの人達は本当に親子なんだな
と思ったのをよく覚えている。

酒臭いし気持ち悪いのでシャワーを借りて着替えようと広間から出てみたものの、
いくら大勢の人の目があるとはいえ義実家は無駄に広くて死角もある。
もし、風呂場で無防備な状態で舅がやってきたら? と想定すると、誰にも気づかれずに
被害に遭う可能性もある。というか、もしかするとそれを狙っているかもしれない。
なので旦那が帰ってくるまでビール浴びたままで待っていた。あと、舅や義弟がどんなことをしたのか
彼にきちんと見てもらいたかったというのもある。

案の定、戻ってきた旦那は絶句。

葬式も済んでいるし、もう帰ろう、と昔旦那が使っていた部屋に置いていた荷物を取りに
2階へ上がった。旦那がいればかるくシャワー浴びて着替えるのも怖くないと思ったんだ。

なぜか人の声のようなものが聞こえて、おかしいと思った。

前へ 次へ