姑は亡くなる前に、懺悔のつもりか私に今までの義実家の内情を沢山話した。
義弟の奥さんは死別としか聞いてないが、実は私にやったように舅がひどいセクハラ
(というかもう犯罪に近い)をして、病んでしまったんだそうだ。でも、義弟は
気のせいだの考えすぎだの、娘と思って可愛がってるだのときちんと対応しなくて
奥さんは追い詰められてしまった。亡くなった状況は事故とも自殺ともわからなかったそうだけど
舅と義弟が原因なのは間違いないということ。

義妹は性格の不一致で離婚したけど、本当はすごく手癖が悪くてママ友と何度も問題を起こし、
それで愛想を尽かされて子供を取り上げられて離婚。昔から欲しいものを我慢しなくていい環境だったから
人の物を平気で持っていったりしていたんだそうだ。ほとんど病気に近いと姑は泣いていた。
だから義妹が私達の部屋になぜいたか、私はすぐにわかった。
私や旦那の荷物をあさってたんだ。

姑は終始被害者のように泣いていたけど、私は、この人も共犯だと思った。
義弟の奥さんだって、そこまでわかっていたのにどうして舅を止めたり、奥さんを実家に逃がしてあげられなかったのか。
義妹の手癖も今に始まったことじゃない。躾の問題というなら、なぜ、もっと若いうちに
軌道修正できなかったのか。
お父さんが怖かったの、というが、どっぷり共依存で子供を生贄にしたとしか思えない。

この話を聞いていたから、義実家に行く時に自衛できた。もし何も知らなかったら
義妹ではなく私がああなっていたのかもしれない。彼女はかわいそうだけど、
盗癖さえなければ回避できたのだから、自業自得でもあると思う。

前へ