1. まとめトップ

【落ち込んだ時に】胸が高鳴る言葉 雑草という名の植物は無い

ぼくは・・・一生のうちにきっと、淫夢の前にのんけをひざまずかせてみせます!!

更新日: 2018年11月25日

2 お気に入り 234 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

全てに負けても構わない。自らに負けなければ。

ポケナイさん

徳、孤ならず、必ず隣あり。

自ら反みて縮からずんば、褐寬博と雖も、吾惴れざらんや。自ら反みて縮くんば、千万人と雖も、吾往かん。

燕雀安知鴻鵠之志哉

燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや

私は何も恐れてはいない
私はこれを行う為に生まれた

ジャンヌ・ダルクの言葉

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ

私は騎士であって、もし神が嘉し給うならば、騎士として果てる覚悟である。ある者らは大それた野心の広野を行き、ある者らは卑屈な卑しい追従の野を行き、ある者らは偽りの偽善を行き、またある者らは真の宗教のそれをゆく。だが、私は自らの宿命に導かれて、遍歴の騎士道の隘路を行くものであって、その本分に従って金銭を蔑み、名誉を重んずる者である。

出典『ドン・キホーテ』ミゲル・デ・セルバンテス

人間は努力するかぎり迷うものだ

出典『ファウスト』ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

崇高から滑稽までの間は、僅かに一歩あるのみだ

ナポレオン・ボナパルトの言葉

物事のありのままの姿を自分の眼で見、その価値を見、他の人々には隠されている人生の矛盾を見、その矛盾が自分達を必ず導いてゆくに相違ない結果をはっきりと予想し、前もって早くその解決を探し求めている

出典『モーパッサン作品集への序文』レフ・トルストイ

真理を心から求めている者は常にそうだが、多く知れば知るほどますます知る必要があるように思われ、真理をもっと知るために出来る限りのことを休みなく行い、したがってたえず己に無知を感じているのである。

出典『アミエルの日記への序文』レフ・トルストイ

天を相手とし、人を相手としてはならぬ。天のために、全ての事を為せ。人を咎めること無く、ただ、己の誠の足りぬ事を恐れよ。

西郷隆盛の言葉

死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし
生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし

吉田松陰の言葉

桜を見に行く

坂本龍馬の言葉

世の中の人は何とも言わば言え
我なすことは我のみぞ知る

坂本龍馬の言葉

汝、我が民を見捨てなば、我、ローマに行きて今一度十字架にかからん

出典『クォ・ヴァディス』ヘンリク・シェンキェヴィチ

Genius is one per cent inspiration and ninety-nine per cent perspiration.

トーマス・エジソンの言葉
天才とは1%のひらめきと99%の努力である。

I have not failed. I've just found 10,000 ways that won't work.

トーマス・エジソンの言葉
私は失敗したことがない。たんに、うまくいかないだろう1万の方法を見つけただけだ。

急ぎすぎる必要はない。そうしたところで良いことはないから。ただ、絶対に静かに落ち着いて、出来る限り規則的でしかも一心不乱に、出来る限り簡潔に仕事を続けていかねばならない。

フィンセント・ファン・ゴッホの言葉

どんなことが起ころうとも、そしてたとえ魂のない身体になったとしても、やはり研究を続けなければならないだろう

ピエール・キュリーの言葉

雑草という名の植物は無い

牧野富太郎の言葉

もしも世界中の人間がわれに背くとも、あえて悲観するには及ばぬ。わが周囲にある草木は永遠の恋人としてわれに優しく笑みかけるのであろう。

出典『植物知識』牧野富太郎

本当の沈黙とは、口を静かにすることではない。心を静めることである。

出典『朝に想い、夜に省みる』ジェームズ・アレン

偉大な発見は、いきなり完全な姿で科学者の頭脳から現れるわけではない。膨大な研究の積み重ねから生まれる果実なのだ。

マリ・キュリーの言葉

人となれば自在ならず、自在なれば人とならず

南方熊楠の言葉

単純や真率が笑われる世の中じゃ仕様がない。

出典『坊っちゃん』夏目漱石

履歴なんか構うもんですか、履歴より義理が大切です

出典『坊っちゃん』夏目漱石

仰臥人如唖
黙然見大空
大空雲不動
終日沓相同

夏目漱石の漢詩

私には人に命を捧げる覚悟がある。しかし、人の命を奪う覚悟をさせる大義はどこにもない。

マハトマ・ガンディーの言葉

春風や闘志抱きて丘に立つ

高浜虚子の俳句

賞賛による堕落から逃れる方法は唯一つ、仕事を続けることである。人は立ち止まって賞賛に耳を傾けがちであるが、唯一なすべきは賞賛から耳をそらし仕事を続けること、それ以外の方法はない。

アルベルト・アインシュタインの言葉

1 2 3

関連まとめ