1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大坂なおみとセレナ・ウイリアムズ…感動を誘った2つのスピーチ

テニスの四大大会の1つ全米オープンで #大坂なおみ 選手が男女通じて初となるシングルス優勝を果たした。出産後初の優勝を期待されたセリーナ・ウイリアムズ選手がペナルティーを負うなど荒れた試合となったが、最後のスピーチが会場を感動に包みました。

更新日: 2018年09月09日

28 お気に入り 140080 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

圧倒的に強かった!おめでとうございます!

nyokikeさん

▼テニス全米オープンで大坂なおみが男女通じて初の優勝を果たした

ハイチ出身の父と日本人の母を持ち、大阪市で生まれ、3歳からアメリカに移り住んだ大坂なおみさん。

世界ランキング19位の大坂なおみ(20=日清食品)が男女を通じて日本初となる4大大会シングルス優勝の快挙を成し遂げた。

・新旧女王対決、試合は大荒れだった

14年以来4年ぶり7度目の優勝を狙うセリーナとは今年3月のマイアミ・オープンで対戦し、ストレート勝ちを収めている大坂。

この一戦でセレーナは、第2セットに自身の陣営からコーチングを受けたとして主審のカルロス・ラモス(Carlos Ramos)氏から警告され、激怒した。

セレーナは涙ながらにラモス氏を「盗人」と批判し、謝罪を求めた。その後ラケットを破壊して2度目の規則違反となり、1ポイントを奪われたセレーナは感情が爆発。ラモス氏はゲーム・ペナルティーをセレーナに与え、大坂は5-3とリードを広げた。

異様な雰囲気に包まれる中でも冷静さを失わなかった大坂は、6―4で2セット連取。初の4大大会決勝で圧巻のプレーを見せた20歳が、過去23回の優勝を誇る元女王を撃破し日本人史上初の偉業を成し遂げた。

・四大大会のシングルスで優勝するのはアジア勢としても初

アジア勢でも初となり、優勝賞金380万ドル(約4億1800万円)を獲得。わずか11度目の4大大会本戦出場で7試合を勝ち抜き、大会後の世界ランキングで7位に浮上してトップ10入りする。

これまでは沢松和子が73年全豪、伊達公子が94年全豪、95年全仏、96年ウィンブルドンで4強進出しているのが日本女子の最高。男子は錦織圭の14年全米準優勝が最高。

▼大坂なおみ選手の快挙にTwitterからは賞賛の声があがりました

大坂さん、すごい!日本人初、グランドスラム優勝おめでとうございます!!大坂さんは、大阪府大阪市出身で、北海道にもゆかりがあります。元気づけられます。sankei.com/sports/news/18… @Sankei_newsより

【おめでとうございます。「全米テニス:大坂なおみ優勝 日本選手初4大大会制覇」】 大坂選手がセリーナ選手にストレート勝ちで大会制覇。4大大会制覇は男女を通じて初めて。セリーナ選手は大坂選手の憧れのプレイヤー、決勝で戦うことが夢だったという。感動をありがとう mainichi.jp/articles/20180… pic.twitter.com/VfzDToK7OE

大坂なおみ選手おめでとう㊗️ございます!快挙涙の大坂なおみ、セリーナへ「ありがとう」 日本選手初の四大大会V<全米オープン>(tennis365.netheadlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-…

WOWOWでテニス見てるけど、ひどい試合になってるなぁ… 大阪なおみちゃんはなんも悪いことしてないのに 女王は追い詰められてキレるし会場はセレーナ推しになるし 頑張れ、メンタル的にも頑張れ …って書いてたら、グラドスラム優勝したわー!!! #大阪なおみ #グランドスラム

大坂選手おめでとう‼️✨ 日本人初のグランドスラムは大坂なおみだった。女性だった!嬉しくてたまらない! この記事もとても感動的です。 テニス全米オープン女子 大坂が優勝 男女通じ日本選手初 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

大坂なおみ 日本人グランドスラム初優勝 おめでとー!!! 異様な空気の中でのまれず、快挙!! こんな日が来るとは、、、 #大坂なおみ #全米オープン #テニス #日本人初 #グランドスラム pic.twitter.com/T5NnADFczL

大坂なおみ選手おめでとうございます✨ 今の日本に取ってどれだけ力付けてくれるNEWSでしょう♪♪ news.yahoo.co.jp/pickup/6296302

テニス全米オープン女子 大坂が優勝 男女通じ日本選手初 ndjust.in/so0x8Qj1 #NewsDigest すごいなぁ「新エースをねらえ!」の、日本女子が、世界で活躍できるのはいつの日か、そんな日は来るのか、というセリフを思い出した。

▼試合後のスピーチ…セレーナの一言で会場が静まった

決勝の第2セットでウォーニングによってセレナにペナルティが科せられるという場面があり、地元選手に対する判定に会場からは大きなブーイングが寄せられるという「荒れた」決勝となった。

そして優勝セレモニーの開催が告げられると、会場からは地鳴りのようなブーイングとも歓声とも取れる声が響き、これには大坂も思わずサンバイザーを目深に被って耐える場面があった。それを見たセレナが大坂を抱き寄せ、耳元で言葉をささやくと大坂の目からは涙がこぼれた。

セレモニーで試合のことについて聞かれたセレナは「無礼なことは言いたくありません。彼女はとても良いプレーをしました。彼女にとって初めてのグランドスラム優勝です」と語ると目に涙をため、続く言葉を発することができなかった。

1 2