1. まとめトップ

【閲覧注意】うつ病患者が語るメンタル的に危ない兆候

最近疲れてないですか? メンタルヘルス的に要注意と思われる人の特徴をまとめてみました。重大な精神疾患になる前に、チェックリストとして使ってみてください。メンタルブレイクの恐れがある人、最近不安定な人、必見です。エピソードも交えながら紹介します。

更新日: 2018年09月19日

5 お気に入り 10362 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

うつ病を患っています。同じ思いをしている人が一人でも多く救われればと思ってまとめました。

itaiganaさん

睡眠

適切な睡眠がとれていないと、高血圧や糖尿病など健康を害すことや、作業効率の低下、さらには交通・産業事故といった大惨事につながる危険性もあります。

まずはぐっすり眠ることが、メンタルを回復させる速効方法と言えるでしょう。

食事

定型うつ病では、朝方がつらいものですが、非定型うつ病では、夕方からが要注意。食欲は落ちるどころか増し、好んで甘いものを食べるために太ることも。

私がうつ病になったとき、まずは朝食から食べられなくなりました。なんとか、甘いだけは食べられたものです。

手の震え

不随意運動と言って、筋肉が収縮と弛緩を繰り返すために起こる症状です。
ストレスや不安、緊張状態が続いた時に手の震えとして症状が出て、日常生活に支障が出るようであれば薬物療法を行います。

胃痛

食べすぎ飲みすぎやストレス、ウイルス、ピロリ菌の感染、食中毒、アレルギーなどが原因で胃の粘膜がただれ、みぞおちが突然キリキリと痛むことがあります。

気分の落ち込み

ちょっとしたことで気分が落ちるあなた。
打たれやすく落ちやすい。
自分が弱いからダメなのかなと思わないで下さい。
気分が落ち込むのは、精神疾患である可能性があります。

前は乗り越えらえれていたものでも、傷ついてしまう。そんなときは要注意です。

頭痛

最近では、うつ病や不安障害と関係が深いセロトニンという神経伝達物質が、片頭痛にも関係していることがわかっています。

イライラする

今までなかったのに、物に当たってしまう……なんてときは注意です。

笑顔が辛い

笑顔を作るだけでも、苦痛になっていませんか?

車に酔いやすくなる、めまいがする

私がうつ病になったとき、車に乗ることが大変になりました。めまいや立ち眩みも大変なことになりました。

性欲低下

1 2 3