1. まとめトップ

月の影響で地球が安定してる・・・ピッコロさん月を破壊しちゃ駄目です!

ピッコロが地球への影響を考えず月を破壊・・・。その昔、亀仙人も月を破壊しました。なぜ後先考えず破壊するんでしょうか。

更新日: 2018年09月10日

1 お気に入り 3930 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

月について

月までの距離は平均で38万4,400Km

半径は1,738Km(地球の約1/4)

地球の質量は、およそ59兆7,000億トン。対して月の質量は、そのおよそ1/81

月は、27.32日かけて自転し、27.32日かけて公転する

自転と公転が同じ。月の自転と公転の周期が同じになっているというのが、地球からは月の裏側が見えない理由になっているのです。

表面積全体だと、ヨーロッパと中国とアメリカとブラジルと南アフリカを足した面積と同じ

月は地球の衛星ですが、観測されていてサイズがわかっている他の惑星の衛星と比べても、月の大きさはなんと第5位。以前まで惑星とされていた冥王星よりも大きなサイズです。

温度は満月の時で110℃、新月の時で-150℃と日向と日陰の温度差が大きい

月の中心は、今までの探査から金属でできたコアがあることは間違いないようですが、詳細についてはよくわかっていない

月の裏側にはまったく、太陽が当たらないわけではなく、偶然にも月の自転と地球の自転が同調しており、地球から月を見た場合に、いつも同じ面が見えているだけであって、月もちゃんと丸い天体であり、地球から見て裏側にも太陽の光は当たっている

アポロ計画で行われた調査や実験により、月の誕生は地球と同様におよそ45億年前であること、月の表と裏で地質の特徴が異なることなどがわかりました

アポロ計画では、月に地震計を持っていって、地震の観測を行いました。その結果、月にも地震があることがわかり、「月震」と名づけられました

もし月が無くなったら

自転スピードが上がり、1日のサイクルは24時間から6時間ほどに短縮。地表は暴風に晒されます。それまで引っ張られていた海面は分散をはじめ、浅瀬に波が押し寄せるとも

万有引力の法則により、月と地球の間にも当然引力が発生しています。潮の満ち引きはそのために起こっているもの。多くの人が知っているかもしれません。そして、海面も引っ張られ、地球の自転のスピードは抑えられている状態です。

1日が8時間程になるっていう人もいます

潮の満ちひきがなくなると地軸がグラグラになる 。気候が大変動して大荒れになる 。いろんな生物が絶滅する

重力中和点だっけ? そんなのが変わるから今無数にある人工衛星が片っ端から落ちてくるはず

地球の地軸の傾きは、さまざまな影響により23度ほど傾いています。そのため、太陽光が当たる角度に変化が生じ、日本には四季が訪れている。角度が金星のように0度になると季節がなくなり、天王星のように97度に傾くと、昼と夜の感覚が長くなり、白夜や極夜が延々と続くと言われています。また、月明かりもなくなるため、夜はほんとに真っ暗。

1 2