1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

知英×武田梨奈『殺る女』も!10月公開のおすすめ「アクション映画」

10月公開のおすすめ「アクション映画」5作品のまとめ。デンゼル・ワシントン『イコライザー2』、エイリアンVS人類『スカイライン 奪還』、ブルース・ウィリス『デス・ウィッシュ』、ジェライド・バトラー『ザ・アウトロー』、知英×武田梨奈『殺る女』。

更新日: 2018年09月18日

3 お気に入り 16949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『イコライザー2』(10月5日公開)

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。

タクシードライバーとして働く元CIAエージェントのマッコール。ある日、親友で唯一の理解者である元上官スーザンが殺害され、怒りに震えるマッコールは極秘捜査を開始する。

前作に続きフークア監督がメガホンを取り、メリッサ・レオとビル・プルマン、ドラマシリーズ「ナルコス」などのペドロ・パスカルらが共演。

【試写】『#イコライザー2』相手の力を吸収し、まるで掃除でもするかのように無表情に敵を倒す佇まい、怒りを通り越した冷酷無比な目の表情はデンゼルにしかできない。先日、未公開のオスカー候補作「ローマンという名の男」(太めのオタク弁護士)を観たばかりだったので、その役幅の広さに脱帽だ。 pic.twitter.com/5HzQHXpEYl

『イコライザー2』試写。アントワーン・フークア監督のアクション映画には本当にシビレる。今回もデンゼル・ワシントンのキレキレの19秒アクションに惚れぼれ。前回は描かれなかった主人公の過去が鍵になっていて興味深い。そして、情に厚い描写も大好き。

◆『スカイライン 奪還』(10月13日公開)

エイリアンと人類の攻防を描いた『スカイライン-征服-』の続編。

「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」のフランク・グリロ、「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアンら肉体派キャストが顔をそろえた格闘SFアクション。

ロサンゼルス市警の刑事が、反政府組織を率いる男らと共にエイリアンに挑む。

【マスコミ試写「スカイライン-奪還-」鑑賞】◆地球征服の3日間を描いた前作から7年。侵略SFから 人類が地球奪還に挑むバトルSF への超進化を遂げた続編が帰ってくる!/迫力満点!CG&クリーチャー&効果音が出し惜しみ無しに畳み掛ける。単純に子供に戻って大スクリーンで楽しむ作品〆◆10.13公開◆ pic.twitter.com/oXcYgdHPwp

#スカイライン-奪還- 」試写 これはね…かなりおもしろいよ、でも前作予習必須です。まさかあそこであれが出てくるとはねえ。熱いよ、熱い。まさにザ・B級映画。映像は一級品なんだけどね。ネタバレ事項多くてツイッターではこの辺で。10/13公開です。

◆『デス・ウィッシュ』(10月19日公開)

チャールズ・ブロンソンが主演を務めた『狼よさらば』をリメイクしたアクション。

シカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。ある日、ポールの家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘はこん睡状態になってしまう。警察の捜査は一向に進まず、怒りが頂点に達し、復讐の鬼となったポールは自ら銃を取り、犯人抹殺のために街へと繰り出す。

『ダイ・ハード』シリーズなどのブルース・ウィリス、ドラマシリーズ「LAW & ORDER クリミナル・インテント」などのヴィンセント・ドノフリオらが顔をそろえる。ブルースが外科医と処刑人の顔を持つ男にふんした。

イーライ・ロス x ブルース・ウィリスのデス・ウィッシュ試写。リメイクにあたっての新要素というSNS感はそれほど映画に絡んでる感じしなかったけどBWがシブい顔してフードかぶってる姿見るだけでも好きな人にはたまらん絵ヅラじゃないでしょうか。終わり方も良かったデス・ウィーッシュ! pic.twitter.com/UZyELYAibs

『デス・ウィッシュ』(試写)。 『狼よさらば』をイーライ・ロス監督&ブルース・ウィリス主演でリメイク。漢のリベンジムービーとなった傑作。『パニッシャー』を髣髴とさせる殺害シーンは、ホラー出身イーライ・ロスの手腕が活きている。ちなみに出演している女優がみんな美人! #デス・ウィッシュ pic.twitter.com/5mIPO7FQnC

◆『ザ・アウトロー』(10月20日公開)

犯罪が多発する米ロサンゼルスの街を舞台に、刑事たちと強盗団が繰り広げる激しい攻防を描いたアクションサスペンス。

1 2